yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベーション。『住まい』や『暮らし』にまつわるあれこれをヨコヤムヤム目線で書いてます。

インダストリアルデザインとは?


スポンサーリンク

『無機質・無骨』がリノベーションのテーマ

インダストリアルをデザインテーマに、リノベーションしたわたしたちですが「インダストリアルって何?」と聞かれることもしばしば。

工業的デザインから生まれるスタイル


インダストリアルデザインを簡単に言うと『工業系デザイン』でしょうか。
工場や倉庫(主にアメリカ)などで使われていた、実用性重視な道具たちがインテリアのイメージ。

アールヌーボーやアールデコに代表されるような、見た目の美しさを重視するデザインとは違って、機能性や実用性が重視されるそのスタイルの中に現れる無機質さや無骨さが、インダストリアルデザインの特徴だと思います。

インダストリアルをイメージさせる工業ランプ

DIYとの相性が良いのもインダストリアルデザインの特徴


無機質で武骨なイメージなので、男性に好まれやすいテイストですが、こういう雰囲気が好きな女性もたくさん居るハズ!定義があるようでないのも特徴でしょうか。
アイデア次第で自由に造れる&楽しめるのがインダストリアルデザインだと思います。

インダストリアルデザインのココが好き

作為的でないのにスタイルを感じるその風合いが好き。
レザーや古材、アイアンやコンクリート・・それぞれ表情は違いますが、使えば使う程に変化していく素材たちと、その過程を楽しめるのも魅力的。

インダストリアルをイメージさせるレンガタイルの建物

そして、
「『男前インテリア』とは違います。」と、わたしは言いたい。
広義の意味では同じ類でも・・狭義の意味では違います!詳しくはこちらを↓

RECOMMENDこちらの記事も人気です