yokoyumyumのリノベブログ

住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

これは気になる!資産価値の下りにくいマンションとは?

スポンサーリンク

気になるマンションの資産価値


中古マンションを買い、フルリノベーションするわたしたち。
売ることを前提に買った訳ではないですが、資産価値は気になります。わたしたちの場合、購入したマンションは築31年なので、築50〜60年を迎える頃にはどうなることやら・・。
建替えの話が出る可能性もあるし、その前に売却して住み替えするかもしれません。売りたいと思った時に売れる物件なのか資産価値の基準を色々調べたり聞いてみたりしましたが・・ 

マンションが建ち並ぶ様子

値下がりしにくい条件は『立地』

 

だと言えると思います。その次に管理体制や周辺環境などが関係してくるのかと。

∇ pick up

∇ pick up

わたしたちは『駅から徒歩6分以内』を条件に物件探しをしました。資産価値うんぬんの前に、駅から近いに越したことはないですし、マンションを買うからには利便性のいいところ!というのが条件のひとつでした。第1希望の物件は先を越されて悔しい思いをしましたが、

・物件A (第1希望) 78平米 駅徒歩6分 (南向で理想的な価格)
・物件B (第2希望) 63平米 駅徒歩1分 (物件Aより狭く100万円高いが駅近で角部屋)

購入したマンションは、地下鉄の入口まで徒歩20秒&ホームまで2分という立地。第1希望の物件より狭く100万円の予算オーバーでしたが、ここまで駅近な物件はわたしたちの予算・条件ではあまり出てこなかったので結果オーライです。

ここだ、ここしかない!

資産価値を考えると立地は大切なポイントですが、立地を最優先にすべきかどうかは別問題。「ここだ、ここしかない!」と思えれば立地の良し悪しなど関係ないかもしれません。賃貸だろうが持ち家だろうが戸建だろうがマンションだろうが、新築だろうが中古だろうが100点満点の物件なんてナイですもんね。『どういうところでどんな暮らしをしたいか?』が一番大切だと思うのであくまで参考までに。

マンションに関する記事はこちら