読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月築31年の中古マンションを購入し『インダストリアル』をデザインテーマにリノベーションしました。

「買取再販型中古マンションの市場トレンド調査」に見る未改装物件探しの大変さ

マンション

スポンサーリンク

買取再販型中古マンションに関する調査

 

最近、こんな記事を目にしました。中古マンションを不動産会社が一旦買い取り、リフォームして再販するというビジネスモデルについての記事です。既に中古マンションを買いリノベーションしたわたしたちですが気になるトピック。

マーケティングで有名な矢野経済研究所による調査報告を詳しく見てみました
買取再販型中古マンションに関する調査を実施(2016 年)

まずココにびっくり

この記事の中に「かつては中古マンションを不動産会社が買取り、再販売する事業は極めて限定的な市場だった。」とあります。物件探しでわたしたちは『未改装物件』を買うことの大変さ?を実感していたので『かつては限定的だった』なんて何だか信じられません。

中古マンションの流通量は増加傾向


「中古マンションの流通量は首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈 川県)でも増加傾向にある。」
札幌でも同じことが言えると思います。新築マンションでも首都圏に比べれば札幌の方が物件価格は割安ですが、同時に年収のレンジも低いため、このご時世新築マンションの購入者層がどれだけいるのか・・と疑問に感じます。
ちなみに、都道府県別中古マンションの価格は・・(2016年8月/70平米換算価格)
http://www.kantei.ne.jp/release/PDFs/WR201608.pdf

札幌市:1,475 万円

首都圏:3,521 万円

中部圏:1,645 万円

近畿圏:2,052 万円

福岡市:2,019 万円

解体した部屋の様子

リフォームなのかリノベーションなのか 


「リフォーム の内容については、スケルトン状態まで一旦解体するか否かは問わないものとした。」とあります。未改装物件探しはなかなか大変な状況なのでそうなると『既にリノベーション又はリフォームされている』ことを前提に物件探しをすることになりますが、リノベーション向き物件を探している人にとってはたとえそれがフルリノベーションでなくても正直厄介だと思うんです。部分的リフォームだとしても価格にはしっかり反映されてしまいます。
反対に、リノベーションやリフォームをするつもりのない人にとって 未改装物件というのは抵抗がありますよね

中古を買って『ジブンたちでリノベーション』という住まいの選択


売りやすく買いやすいビジネスモデルなのかもしれませんが『自分たちでリノベーションしたい派』は一定数居るはず!今後も増えていく気がします。ちょっと気になる市場動向・・これからも追っかけてみようと思います。

マンションに関する記事はこちら