読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月築31年の中古マンションを購入し『インダストリアル』をデザインテーマにリノベーションしました。

『マツコの知らないライオン像の世界⁈』ライオンズマンションのライオン像


スポンサーリンク

『ライオン像』でお馴染みのライオンズマンション


ライオンズマンションの入口に居たり居なかったりするあのライオン。みなさんも一度は見たことがあると思います。わたしたちが購入したのは築31年のライオンズマンション。
1体100万円するとも言われるライオン像ですが、わたしたちのマンションは戸数が少ないせいか、そんな立派なライオンは居らずプレート型のライオン君がお出迎え。

ライオンズマンションのライオン像

種類豊富なライオン像

マンションを買うまでは全く気にもしなかったライオン像。いざ住み始めるとなんだか気になり・・検索してみたところ面白い記事を発見!

お座りタイプ・伏せタイプ・伏せ親子タイプ


この記事によると、大きく分けて3つのタイプに分かれるそうです(伏せ親子タイプが一番高いんでしょうか)日本全国のライオン像分布図を見るだけでも種類豊富なことが見て取れます。

さすが沖縄。ライオン像ならぬシーサー像


これは知らなかった!シーサー像にも何種類かあるんでしょうか⁉︎
例えば名古屋なら「しゃちほこライオン」ってのがあってもいいし、全国に「ご当地ライオン」を作ってみるのも面白そう。

デザイン統一⁉︎

気になって調べ出したのに・・なんとここ数年でライオンたちはデザインが統一されたようです・・。う〜ん、なんだか残念。

レアライオン

全国そこら中にあるマンションなので、各地のライオンに詳しい専門家が居てもおかしくない気が。『マツコの知らないライオン像の世界』をいつか見てみたいと思う今日この頃。