読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月築31年の中古マンションを購入し『インダストリアル』をデザインテーマにリノベーションしました。

リノベーションとは?リフォームとの違いを説明します


スポンサーリンク

 

リノベーションとリフォームって同じじゃないの?

『リノベーションって何?』『リフォームじゃないの?』わたしたちも実際にこう聞かれたことがあります。リノベーションもリフォームも『住まいの改良』という点では同じですが、その規模や費用が違うんです。

古いマンション

簡潔に言うと、

部分的な修繕がリフォーム・大規模な改修をリノベーション


と言います。
クロスの張替えや床の張替え、キッチンやトイレ・バスの入れ替えなどなど、部分的に修繕することをリフォームと言い、間取り変更を含めた大規模な改修をリノベーションと言います。専有部分のほぼ全てを改修し、新しい住空間にすることを指します。リフォームとの決定的な違いはこの3つ

  • 工事の規模と金額
  • 住宅の性能
  • 資産価値(付加価値)

解体前のリビング スケルトンリフォームをして生まれ変わったリビング

※リノベーション前の我が家のリビングとリノベーション後のリビング 

新築時と同等?新築時以上?ここも分かれ目

 

新築時には無かった新しい機能をプラスして、住宅の資産価値を高めることができるのがリノベーション。
具体的に説明すると、表面的な(内装や設備の交換)工事だけでなく

  • 間取りの変更
  • 給排水管の交換
  • 断熱工事
  • 防音工事

など居住性能をアップさせることを言います。ついでに、

フルリノベーションとは?


建物の骨組を除いて、全て改修することをフルリノベーション(スケルトンリフォーム)と言います。
※骨組も解体して新しく建て直すのはリノベーションではなく建て替え

スケルトンリフォームの様子
※リノベーション工事中の我が家
中身を劇的に変化させられるのがスケルトンリフォームの醍醐味!ですが、躯体自体は既存のままなので
マンション選びは築年数や耐震基準・構造などに注意しましょう。

まとめ

 

具体的な違いについて説明してきましたが、定義については明確なものがないようです。
なので『リノベーション』を『大規模リフォーム』と言っても間違いではありません。
不動産・住宅業界の意図なのか、単にここ数年のトレンドなのか分かりませんが『リノベーション』という住まいの選択は今後も増えていくと思います!

RECOMMENDこちらの記事も人気です