読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月築31年の中古マンションを購入し『インダストリアル』をデザインテーマにリノベーションしました。

【WEB内覧会・インテリア】我が家のインダストリアル vol.005 ブリックタイル

内覧会

スポンサーリンク

中古マンションを買い『インダストリアル』をデザインテーマにフルリノベーションしたわたしたち。 このブログは、中古マンション購入&リノベーションの工事記録に始まり、

  • リノベーションに関するコト
  • マンションに関するコト
  • インテリアに関するコト
  • そのほか「住まい」に関するコト全般

にテーマを絞って書いています。

Essence of Industrial


リノベーション工事が終わり新居に引っ越して約3ヶ月。
『我が家のインダストリアル』と題して、わたしたち目線で集めたアイテムをUPしています。
我が家のインダストリアルシリーズはこちら

アクセントに『ブリックタイル』


ブリックタイルはセメントやモルタルにレンガを混ぜたもの。一枚一枚違うこのテクスチャーがこのタイルの魅力!

間仕切壁に貼ったブリックタイル 

どの壁にする?

設計士さんのご提案で採用することになったブリックタイル。当初は寝室側の壁にしようか?と考えましたが、室内窓を設けた寝室側の壁は面積が広いので、そうなると少しくどいかな?という気がして、キッチンとリビングの間仕切壁に貼ることにしました。

※室内窓のあるこの壁が寝室側

リノベーションで新設した室内窓

リビングの中のアクセント

我が家のリビング・キッチンは全て塗り壁(ゼオライト)にしています。造作したキッチンカウンターは天板(足場板)を除いてモルタル仕上げ。質感は違えど、塗り壁と色味が近いのでブリックタイルの方が見た目に変化とインパクトを持たせられたかな?と思います。

インダストリアルな雰囲気のキッチンとリビングの間仕切壁 

ぴったりハマった重たい脚立


リノベーションで天井をブチ抜いて、コンクリート剥き出し&ダクトも剥き出しにした我が家。
照明の向きを変えたり掃除をする時のために脚立を買おうと思ってたところ・・意外や意外!「インダストリアルな脚立なんてあるワケない」と思っていたまさかのホームセンターでこの脚立くんを発見。
どうせならインテリアも兼ねられるようなデザインの脚立を探していたので、見つけたときは即決でした。
工具箱もこれまたピタリと収まりまして。
ダクトが飛び出るブリックタイルの壁に、収まり具合バッチリの脚立くんとアイアイラックが並ぶこの一角。ここが一番インダストリアルな空間と言えるかも。to be continued!

ブリックタイルの壁に立て掛けたインダストリアルな脚立