yokoyumyumのリノベブログ

リノベーション・住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

札幌のオモシロ空間『space1-15』築古マンションに見るリノベーションの可能性

スポンサーリンク

見た目は至って普通のマンション『space1-15(スペースイチイチゴ)』


築40年⁉︎ もっとかな・・築古マンションの一室がそれぞれのショップオーナー(道内のモノづくり作家やクリエイターなど)によってリノベーションされ、週末のみオープンしている面白い場所。

駅近ですが、裏通りに面しているので「え?ココなの?」と思ってしまう佇まい。
マンションの名前は『シャトールレェーブ』 フランス語で 「夢の城」という意味だそうです。

f:id:yokoyumyum:20160810144949j:image 

入口にはこんな看板が。
自動ドアでそのまま入れるかと思いきや入れません。行きたいお店にピンポン(ちょっとドキドキ)

中に入ると、各フロアに部屋が4つ程あり、どのショップもそれぞれ工夫しながら内装を作り上げている様子がうかがえます。
それを見ているだけでも楽しいです(テナントオンリーかと思いきや住居と混在しているそう。オートロックの理由はこれなんですね)

f:id:yokoyumyum:20160810145053j:image

2Fから8Fまで約20店舗


アクセサリーや雑貨、本屋にレコード、スイーツの他にはチーズ、そしてカフェまで様々。
まだ全て回りきれていないですが、203号室の『闇月創房』はツボでした。
真鍮や銅を使ってアクセサリーや看板などを作る工房兼ショップ。ネームプレート作ってもらいたい・・!

f:id:yokoyumyum:20160810150435j:image

f:id:yokoyumyum:20160810150532j:image

503号室CAPSULE MONSTERのお菓子も美味しいし、ヴィンテージアイテムを取り扱うAnorakcityも気になる。
本を読みながらビールでも飲んで、レコード(タケチャス・レコーズ)のチェックをしたらお土産にお菓子を買って帰る。みたいな過ごし方がわたしの中で定着しそう。

築古マンションの運営手法


築古でも借り手(買手)が途絶えず、しっかり管理されたマンションであればいいですが、住居用のみの築古マンションは借り手が現れず空室が増えてしまったり、それによって管理が行き届かず、スラム化の一途をたどる・・なんて物件がこれから増えていくと思います(既に問題になりつつありますよね)

こういう使い方もアリ!と思わせてくれるspace1-15のような築古マンションの運営手法は、
入居住民や周辺地区とのルール作りなど、様々なハードルがありそうですが、こういう事例が今後増えていけば空き家問題の解決にもなるのかな?なんて考えます。
ショップに限らず有効な使い方は幾つかありそう。

 

おわりに

有名無名に関係なく、何かを発信しようとするエネルギーって素敵ですよね。
『まだ知らない何かや発見がありそうな場所』って惹かれません?

クリエイティブマインドが溢れる場所というのは、常にそんな空気を感じられて、自然と自分も何かに感化されているような気になれるからオモシロイ。

RECOMMENDこちらの記事も人気です