yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

あなたはどっち?立地も価格も同じマンション|違うのは築年数と間取りと内装

スポンサーリンク

我が家の目の前に建つマンションの一室が売りに出されています。
毎週末オープンハウスを開催しているようですが、なかなか売れない様子(かれこれ4ヶ月以上経ってます)。
わたしたちが住んでいる場所は、中古マンションでも4000万円を超えるハイスペックな物件と、一般的なグレードのマンションが混在するエリア。この物件は後者です。

札幌市中央区・西側エリアの中古マンション相場


皆さんご存知の『大通り』や『すすきの』は中央区に位置します。官庁や、各企業の本社・支社も多く、市の中核となるところ。
中心部(大通り・すすきの)を境に東西南北それぞれで地価に差がありますが、西側エリアのマンション相場(2LDK〜3LDK)は、

  • 新築  4000万円〜6000万円(中には億も)
  • 築10年 3000万円以上
  • 築20年 2000万円以上(2000万円以下なら安め)
  • 築30年 リフォーム済1500万円〜1800万円(未改装の場合は1200万円前後)
  • 築40年 リフォーム済1000万円(業者によるリフォーム済物件が大半。ここまで築古となると未改装のケースは少ない)

f:id:yokoyumyum:20170219165238j:image

最寄り駅は同じでともに徒歩20秒

  • 物件A:築20年 3LDK 2200万円 ほぼ未改装
  • 物件B:築30年 3LDK 2200万円 ほぼ未改装(物件1400万円+リノベーション費用800万円)※自分たちで好きにリノベーションできる物件

スポンサーリンク

 

平米数や日当り・間取りなど、全て同じ条件ではないですが、リノベーションに興味のない方であればAは金額的にちょうどいい物件。
もちろん、Aをリノベーションするのもアリですが(費用800万円として)合計3000万円。

考え方は人それぞれですが、リノベーション出来てトータル2200万円の方が断然いい!と、わたしは思っちゃいます。
トータル3000万円を超えてくると、個人的には『お得』感に欠ける気がするんです。
築20年も違えば話は別ですが、管理状態が悪くなければ築10年の差はそこまで気になりません。目安として、新耐震(1981年以降に建てられたマンション)であれば築30年を過ぎていてもOKという感じ。

築10年分、躯体は老いていてもリノベーションすれば室内は新築です。間取りの変更もできて、内装も好きにできます。設備も一新。リノベーションによって得られる満足度は大きいんじゃないかと。

郊外の建物住宅(新築)を買える金額

 

2200万円は郊外の建売住宅に手が届く金額。予算がこれくらいで、戸建かマンションかを迷う&立地にこだわらないという方は、比較検討した方がいいかもしれません。

「建売が買えるのに、中古マンションに2000万円以上払うの?」と言われたことがありますが、建売を買えるのはあくまで郊外。
駅近に戸建を建てられるような空地はほぼ無いので、当然、建売住宅もない。駅近はやはりマンションに限ります。中古は特に好立地物件が多いんです。

  • ライフスタイルを考えると中心部まですぐにアクセス出来る方がいい
  • 車を手放すことになっても駅近なら移動しやすい
  • 雪掻きをする必要がなく階段の昇り降りもない
  • (間取りにもよりますが)ヒートショックが少ない

立地最優先で、中古マンション購入&フルリノベーションを選んだのは「若くて健康なうちだけでなく、老後も住みやすい家」と考えたから。
物件Aと物件B、あなたならどっちを選びます?

RECOMMENDこちらの記事も人気です