読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月築31年の中古マンションを購入し『インダストリアル』をデザインテーマにリノベーションしました。

【リノベーション・リフォーム基礎知識】中古を買ってリノベするなら!確認必須のポイントまとめ


スポンサーリンク

 

事前準備が大切です

新築でも中古でも物件選びの条件は人それぞれですが、リノベーションを検討している場合、立地や価格以外にも確認すべきポイントが幾つかあります。「マンションはどこもだいたい同じでしょ?」と思っている方は要注意。中古の場合、建てられた時期や施工会社によって造り方は様々です。『希望するリノベーションに向かないマンション』は少なくないので、物件探しとリノベーションは同時に検討していく必要があります。

f:id:yokoyumyum:20170313115740j:plain

1.物件探しの前にパートナー選び

 

物件探しからリノベーションまでワンストップでお願いできるところもあれば、そうでない場合もあるため
いづれにしても物件探しを始める前にパートナー選定することをオススメします。
パートナーが決まっていれば、物件選びも色々と相談に乗ってもらえるはず。希望の工事が可能か否か、素人には分からないこともプロ同伴で内覧すればある程度のコトは見通せます。

パートナーを決めて物件探しスタート! 

2.未改装物件かどうか

 

未改装の物件がベストです。リノベーション(またはリフォーム)されている物件はその分価格に反映されています(割高になってしまいます)とは言え、未改装物件を探すのはなかなか大変・・。なので、未改装物件に出会えない時はリノベーション(またはリフォーム)された内容に目を向けてプランを練り直すことも必要です。

3.ラーメン構造or壁式構造

 

間取を大きく変更できるかどうかは構造の違いによって大きく分かれます。ラーメン構造の方が自由度が高く、壁式構造の場合は取り壊せない壁があったりします。どんなリノベーションにしたいか?に応じてココも要チェック!


スポンサーリンク

 

4.水まわりの移動は可能⁈

 

例えば、築年数の古いマンションの多くは壁付キッチンの場合が多く、キッチンを壁付から対面式にしたい時は、それが出来そうかどうかのチェックも必須です。パイプスペースからの距離や床上げの寸法にもよるので事前に必ず配管などの確認を。(対面式に変更出来てもキッチンだけ床が高くなる可能性はあり)また、トイレの移動はできないことが多いです。

5.確認必須の管理規約

 

床材の指定の有無、フローリング禁止のマンションなどもあるため管理規約の事前確認はマストです。床材の指定であればそれを守ればいいですが、カーペットからフローリングに変えたくても規約で制限されているマンションがあるのでご注意を。

おわりに

マンションには制限が付きものですが、ポイントさえ押さえればあとは好きに解体&再生出来るのがリノベーションの醍醐味。手間や時間がかかることもありますが、それも捨て難いリノベの魅力だと思います。基礎知識は知って損なし!なので、内覧を始める前に是非一度、要点まとめしておくことをオススメします。

RECOMMENDこちらの記事も人気です