yokoyumyumのリノベブログ

住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

見せるCD収納とターンテーブル|リノベーションでDJブースをリビングに!

スポンサーリンク

NO MUSIC NO LIFE


ストリートダンス(ジャンルはハウス)にハマったのが16歳。
ハウスのレコードを集め始めたのもこの頃ですが、当時(90年代)は、メロコアやスカコアも好きでした(BRAHMANやHUSKING BEE、Hi-Standardなどなど。懐かしい!)。

ショーやバトルに出たり、インストラクターとしてスタジオで教えていた時期もありましたが、20代後半は仕事・仕事・仕事だったため、踊る機会は徐々に減り・・。
気が付けばここ数年は、ダンスよりもDJの方が楽しくなっちゃいまして。

 

音楽は完全に生活の一部

夫も長年DJをしているので、CDやレコードは凄い量・・。
賃貸時代はDJブースをリビングに置くことができず、夫婦ともに物足りなさを感じていたので、マンションを買ってリノベーションするからには「ブースは絶対リビング!」と決めていました。

飾り棚を造作・DJブースはDIY 

足場板とアイアンで造作したCDラック


長さ2メートル以上の足場板とアイアン金具で造作した、CD専用の飾り棚。

DJブースに置いたPioneer DJM-900 NexusのミキサーとターンテーブルSL-1200MK2&SL-1200MK3D
モニタースピーカーはレコードラックの真ん中に設置&メインスピーカーは、ブースの反対側にあるTVボードに、大小それぞれ置いてます。

リビングに設置&DIYしたDJブース

20畳に満たないリビングですが、こうしてスピーカーを配置すると、部屋のどこに居てもバランス良く音を聴くことが出来ます。

モニタースピーカーをブースの真ん中に置いたのは、ブースをなるべくコンパクトにするため。
レコードラックの上に発砲スチロール製のブロックを置き、その上に一枚の長い板を敷いて、高さ調整しています。 

TDK『Boombox』をモニタースピーカーに


本来は、BBQやキャンプで使えるように買ったスピーカーですが、今ではすっかり自宅用。


ついでに

あのMASTERWAL(マスターウォール)にもDJブースがあるんですね。
知らなかった!

KOROVA(コローバ)DJ BOOTH


ウォールナットの木目と、重厚感のあるなんとも贅沢なDJブース。
天板と背板の間に配線を隠せたり、コンセントが4口あるところも◎
同じシリーズのレコードラックと一緒に使うのも良さそうです。

おわりに

夫婦のどちらかが、BGM代わりにDJしたり、買ったばかりのレコードをじっくり聴けたり、ブースをリビングに置いたことで使い勝手も良くなりました。

友達とB2B(バック・トゥ・バック)して遊んだり出来るのも嬉しい(2人のDJが左右のターンテーブルを担当し1曲づつ交互に曲をかけること)。

場所は取るけど(笑)あったら楽しいDJブース!

RECOMMENDこちらの記事も人気です