yokoyumyumのリノベブログ

リノベーション・住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

暮らしとインテリアのWEBマガジン『RoomClip mag』に我が家が掲載されました

スポンサーリンク

クックパッドのお部屋版『RoomClip』


RoomClipは「インテリアに特化」した写真共有SNS。
投稿する人ばかりでなく「閲覧するだけ」というユーザーも多い&インテリアのテイストも様々なので、
お部屋板クックパッドとも言える気がします。
アプリ以外に「RoomClip Style」などのムック本も多数あり。

 

ブログ開設を機に

インスタグラムやPinterestは長く使っていますが、RoomClipはブログ開設をきっかけに登録。
フォロワー数が多いわけでもなく、細々とやっていたので、まさかの取材オファーに驚きです。

リノベーションで造作したアイアンラックとドライフラワーやグリーンのインテリア

連載『リノベじゃなきゃ、ダメでした。』


この連載は、リノベした理由やこだわりのポイントを「施主目線」に立ち、内容を掘り下げていくという主旨のもの。
マンションを買おうと思った頃のことや、工事が始まったときのことを思い出しながら、質問に答えていると、なんだか懐かしい気持ちになりました。

「自分たちが家に合わせるのではなく、自分たちに合う家を造りたい」との思いでリノベーションを決意されたyokoyumyumさん。
従来なら、家の間取りに合わせていた家具のレイアウトも、
「ここで音楽を楽しみたいから、ここには収納棚が必要」など、レイアウトの発想は逆転。自分の好きを優先させた間取りとインテリア作りが可能になります。
「好きに囲まれた暮らしは想像以上の満足感がありました。」と教えてくださったyokoyumyumさんの言葉通り、とにかく自分好みの快適な空間がリノベーションで実現できるのですね。

また、yokoyumyumさんは、デザイン性を重視し、リノベーション会社を選択。
インダストリアルというテーマのもと、木材のぬくもりにアイアンやコンクリートの硬質な素材をミックスし、タイル使いで遊び心とアクセントをプラス。
壁、棚、こだわりのDJブースに至るまで、自分らしさを詰め込んだお宅を作られていました。
yokoyumyumさんのように、暮らしや感性に合ったリノベーションで、満足度の高い暮らしを目指していきたいですね。

普段は書くばかりなので、こうして書いてもらえるって新鮮!
お読みいただけると嬉しいです↓

RECOMMENDこちらの記事も人気です