yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

『大棟梁(ビック錠・著)』で知る宮大工の世界。木に学べ!西岡常一に見るもうひとつの法隆寺

スポンサーリンク

「最後の棟梁」と呼ばれた宮大工


法隆寺の宮大工、故・西岡常一さん。「法隆寺の鬼」「伝説の宮大工」とも呼ばれ、27歳という若さで、世界最古の木造建築「法隆寺」の大修繕(1300年前の姿を復元)を棟梁として手掛けた方です(他には薬師寺など)。
『大棟梁』は漫画本ですが、AMAZONでは定価の2倍・・!でも、買ってよかったです。

f:id:yokoyumyum:20170530233151j:plain
出典:http://www.shinkeiken.com/act/inno/tokushoku.html

千年生きた木はあと千年もつ

「鉄やコンクリートを使わない建築」=「木材だけを使った修復」にこだわったという棟梁。
修復の条件に合った木を、一本一本探すのではなく、建物の条件を、木が生えている山の状態にあてはめて、山ごと買うんだそう。木を買わず山を買う・・これには驚きました!

また、
太陽のあたるところに生えていた木は、建物でも太陽のあたる方へ、同様に、日陰で育った木は軒下などに、木を生育の方位のままに使うのが大事と仰る棟梁。読みながら思わず「凄い」と声に出ちゃいました。


スポンサーリンク

 

有名な口伝


漫画の巻末に、ご本人とこの漫画を書いたビック錠さんとの対談があるんですが、そのたった数ページを読むだけで、なんだかぐさっと刺さるものが。
(口伝についてはネットでも本でも、探すとたくさん出てきます!)

時代は変わっても、持つべき心得のようなものは変わらないんだと、なんだか棟梁に教えてもらったような気がします。
これから法隆寺に向かう修学旅行生=法隆寺に興味のない学生、に是非読んでいただきたい一冊!(笑)

RECOMMENDこちらの記事も人気です