yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベーション。『住まい』や『暮らし』にまつわるあれこれをヨコヤムヤム目線で書いてます。

『All about CAUDEX 塊根植物のすべて(横町 健・監修)』と「植欲」そそるコーデックス


スポンサーリンク

植物のある暮らし

ドライにしたものも含めて、ざっくり40種類くらいの植物がある我が家。
うまく育てば嬉しいし、失敗しちゃった時は悲しい・・。

大事なサボテンをダメにしたり、観葉植物を枯らしてしまったり、失敗は多々ありますが・・時間をかけて大きくなっていく植物や、元気を取り戻して成長し直す植物たちを見られるのは、やっぱり嬉しい。

もっと変わったもの

たくさん育てていると「もっと変わったものが欲しい」って気持ちが日に日に強くなるばかり。
珍種となれば数万円するものも多いですが・・これからトライしてみたいのが、コーデックス(塊根植物)なんです。

コーデックスとは⁈

Caudex(コーデックス)と呼ばれる植物たちは、多肉植物の中でも木質化した太い根や幹を持った植物の総称
引用:isla del pescado - 多肉植物 - 塊根植物

木質化して、ぷくっと丸い根や幹になるのは、高温で乾燥した気候に耐えるため、体内に水分を溜め込んでいるからだそう(主にアフリカや中南米などに生息)。
日本では育てにくい品種も多いみたいですが、インパクトのある見た目や希少性が塊根植物の魅力!

ファーストコーデックス

「欲しい」と思うものは、決して安くないお値段・・!(育てたことがないので、勇気が要るお値段(笑))なので、初心者でも比較的育てやすい&お値段もお手頃な「アデニウム」からトライすることに。
砂漠のバラと呼ばれるアデニウム初心者でも育てやすいアデニウム

アデニウムで様子を見て、次にトライしたいのがパキポディウム属
例えば、この『ブレビカウレ(下記画像)』。
和名は『恵比寿笑い』で、他の塊根植物に比べると、幹が短いのが特徴。ずんぐりむっくりなボディに、小さく映える葉が可愛い!(この画像だとなんだか気持ち悪い気もしますが・・。)ちなみに、生育難易度は高めとのこと。

これも、大きく育てられたら楽しそう!

ディープな一冊

まだまだコーデックス初心者ですが、植物バイヤー横町 健さん監修のこの本、オススメです。
『塊根植物を愛してやまない人たちに共通する傾向と対策』(P.80)には共感!

巻末の「愛しき塊根と調和する珠玉の鉢ブランド6選」も見ていて楽しいです。
コーデックスに関する本はあまり多くないと思うので、わたしも図鑑代わりに愛読中。

RECOMMENDこちらの記事も人気です