yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

随時更新中|ジャンル不問の表現集結!札幌がアートに囲まれる『札幌国際芸術祭2017』

スポンサーリンク

2017.8.11「札幌市資料館」追記
2017.8.20「モバイルアースオーブン」追記

札幌国際芸術祭とは?


3年に一度、札幌を舞台に開催される芸術の祭典『Sapporo International Art Festival(略称:SIAFサイアフ)』は今年で2回目。
公園、カフェ、ゲストハウス、商店街、居酒屋・・という具合に「そんなところで?」な会場満載&ジャンルも不問。
メインテーマは「芸術祭ってなんだ?」。
その名の通り、型にはまらない縦横無尽なアートが札幌をジャックします。

UNTAPPED HOSTELに置かれた札幌国際芸術祭のポスター

Sapporo ARTrip「アートは旅の入口」


とにかく色んな場所で繰り広げられる「表現の祭典 」。
その中のひとつ「Sapporo ARTrip アートは旅の入口」をご紹介!
このテーマでは、札幌市内にある8つのゲストハウスが会場になっていて、計10組の作家による作品が展示されています。
例えば、

UNTAPPED HOSTEL


以前も、このブログで取材させていただいたゲストハウス「UNTAPPED HOSTEL(アンタップト・ホステル)」さん。

UNTAPPED HOSTEL本館・別館のサイン

こちらでは、相川みつぐさん、上ノ大作さん、ワビサビさんの作品を観ることができます。
わたしがいちばん惹かれたのは、ホステル本館の外壁に描かれた相川みつぐさんの作品。

相川みつぐさんによる作品UNTAPPED HOSTELの外壁に相川みつぐさんがペイント
ダイナミックかつ、UNTAPPED HOSTELの雰囲気と見事にマッチ!
思わず「おおおお」でした。かっこいい。

夜空とUNTAPPED HOSTELの外壁ペイント倉庫に描かれた相川みつぐさんの作品

↓続いて上ノ大作さんの作品。

UNTAPPED HOSTELに展示された上ノ大作さんの作品
竹で編まれた『ハタゴ(旅籠)』。
ホステル本館と別館を繋ぐ中庭にあり、草花に溶け込んで、幻想的。

上ノ大作さんによる「ハタゴ」

芸術は爆発だ(笑) 

ハタゴに入る人

また、
画像にはないですが、ホステル別館に展示されているワビサビさんの作品も是非に。
和と洋の絶妙な空間(リビング)と相まって、とっても素敵でした。

お次は、

札幌市資料館


大正時代に建てられ、国の登録有形文化財に選定された札幌市資料館。
期間中は、6つのギャラリーが全てSIAFに(詳細はこちら)。

ギャラリー1で開催中の「北海道の木彫り熊」は特に見応えありでした。
見渡す限り、熊・くま・クマ!

札幌国際芸術祭「北海道の木彫り熊」札幌市資料館「北海道の木彫り熊」

歴史的建造物をじっくり眺めて歩くのも◎かと。

歴史的建造物でもある札幌市資料館

2017.8.20追記
楽しみにしていたこちらも登場!

モバイルアースオーブン 

役目を終えた消防車の荷台に、自然素材だけで作られたオーブンを載せた車が、
SIAF2017会期中、旭山記念公園や市内のさまざまな場所やイベントに現れ、
お越しいただいた方とともにオーブンを囲んで野菜を調理します。
http://siaf.jp/projects/mobile-earth-oven 

これは面白そう!と、気になっていた「モバイルアースオーブン」。
わたしがお邪魔したのは、これまた「UNTAPPED HOSTEL」さん。

UNTAPPED HOSTELに来たモバイルアースオーブンモバイルアースオーブンは役目を終えた消防車の荷台にオーブンを載せた車のこと

↓UNTAPPED HOSTELでは、野菜を焼くこと以外に、ピザ作りのワークショップも開催。
子供から大人まで、沢山の人で賑わってました。

可愛い看板食べると暮らしの研究所・理事長さん

↓あっという間にピザが焼けちゃいます。

自然素材だけで作られたオーブンオーブンの周りはこんな感じ

消防車に釜。このアイデアが面白い!
子供たちが楽しそうに生地を練ったり、釜の中でピザを転がす大人たちも、みんな笑顔。(わたしも楽しかった!)
いいですよね、こういうの。

余談ですが、
UNTAPPED HOSTELには今年、本館の裏庭にビアスタンドがオープンしたんです。
これがまた素敵でして。
UNTAPPED HOSTELにオープンしたビアスタンド凝った造りのビアスタンド at UNTAPPED HOSTELUNTAPPED HOSTELの裏庭にあるビアスタンド

今のところ、夏季限定オープン。
前途した『Sapporo ARTrip「アートは旅の入口」』を見ながら、庭でビールを一杯というのもオススメです(オープン日はFaceBookページなどでご確認ください)。

楽しみ方は十人十色


この芸術祭に「楽しみ方マニュアル」はありません。
何を見るか、どこを回るか、そのチョイスも順番も個人の自由!(その日限りのライブイベントなどもありますよ。)
有料会場に何度でも入場できる「パスポート」もあるので、気になる方はオフィシャルサイトをご覧ください。
3年に一度の芸術祭。難しいことは考えない!で、アートに触れましょ、楽しみましょ。

photo : Canon EOS Kiss X7 

RECOMMENDこちらの記事も人気です