マンションリノベーション6日目|スケルトンリフォームでしか見られない場所

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

リノベーション工事6日目。スケルトンリフォームでしか見られない室内の全貌が見えてきました。

この光景を見られるのは最初で最後です。
ヨコヤム

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは住居の内装や設備を取り払い、専有部のほぼ全てを丸裸=スケルトンにすることを指すリフォームのこと。

設備の交換やクロスの張替えなど、部屋の一部をリフォームする工事と比べかなり大掛かりな作業になります。

ヨコヤム
しかしながらスケルトンにすることで間取りや水まわりの変更が可能になるため、リフォームの自由度は格段に高くなるのが最大の魅力です。

コンクリートの躯体を見られるのはスケルトンリフォームならでは

スケルトンリフォームでは壁を壊し、天井も剥がし、フローリングも全て撤去します。

こうすることで、普段は見られないコンクリートの躯体が丸見えに。

天井や梁のクラックも、解体時にチェックすることが可能です。

マンションリノベーション工事6日目の様子

1. 養生がパワーアップ

養生がパワーアップ

工事のため養生されたマンションの入口

これまではエレベーターの中と自宅の玄関前だけだった養生が、マンションのエントランスまで広がっていました。

工事が本格的に進み始めた証拠なのでしょうか。

2. 解体作業がますます加速

解体作業がますます加速

リノベーションで解体したリビングの天井

ヨコヤム
天井からビロンビロンしていた配線も、ほぼ無くなりスッキリしています。

壁には何やら文字が書かれていました。

玄関とリビングの間の壁に解体の文字

玄関とリビングの間の壁に「解体」と書かれています

解体前のリビングと解体後のリビング

スケルトンリフォーム前のリビング

解体前のリビング

壁を境にリビングと洋室が分かれていたましたが、仕切りを撤去。約18帖のLDKに変身します。

解体後のリビング

解体後のリビング

解体後の様子がこちら。

天井が高くなったため、圧迫感がなく広々と感じられるのが嬉しいです。
ヨコヤム

解体によって表れたスケルトン天井

表情豊かなスケルトン天井

解体によって露わになった天井のダクト

ヨコヤム
こちらは表しにしたリビングの天井です。

同じく表しにするダクトの雰囲気もこれを見てイメージが湧きました。

スケルトン天井のメリット

  • 開放感がある
  • デザイン性が高い
スケルトン天井のメリットは、何と言ってもまず圧迫感からの解放です。

天井が高くなることで部屋全体も明るくなります。

ヨコヤム

また家づくりの際、壁や床の内装にこだわる方は多いですが、天井も同じくらい重要。

天井も部屋を印象付ける大切な要素です。

スケルトン天井のデメリット

  • 施工コストがかかる
  • 冷暖房効率が悪くなる可能性がある
  • マンションの最上階の部屋はスケルトン天井にできない
ヨコヤム
デメリットはコスト面。元々あった天井の解体はもちろん、照明などの配線をまとめる処理も必要なため手間がかかります。

また空調効率の悪さを指摘されることもありますが、これは住戸や物件によって異なります。

スケルトンリフォームでしか見られない場所まとめ

普段は見ることのできない柱や梁、配管や断熱材などを見られるのもスケルトンリフォームの醍醐味。

部分的なリフォームの場合、ここまで見られる機会はほぼありません。

開けてびっくり……壊してびっくりなトラブルが無いことを祈りながら、残り数日の解体を見届けていこうと思います。

マンションリノベーションの全工程

ヨコヤム
このブログでは、リノベーションの施工プロセスを細かくご紹介しています。

リノベーションがどのように完成していくのか、その工程を一気見したい方は、下記より記事をご覧ください。

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーション工事の流れ
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.