中古マンションの諸費用とは? 新築よりも高い理由と費用の内訳

投稿日:

ヨコヤム
中古マンションの購入には、物件購入費以外に住宅ローンにかかる諸費用など、諸々の経費が必要です。
その価格は物件価格のおよそ10%。決して安くはありません。そこで今回は、中古マンションの購入に必要な諸費用の内訳をまとめます。
ヨコヤム

新築マンションに比べ中古マンションのほうが諸費用はかかる

新築マンションに比べ中古マンションのほうが諸費用はかかる

「中古マンションは、物件価格だけでなく諸費用も新築マンションより安いはず」と思われるかもしれません。

ヨコヤム
ですが、実際の諸費用は新築に比べ中古マンションのほうが高くなります。

その理由は仲介手数料。これは不動産仲介会社へ支払う費用を指します。

新築マンションにはない「仲介手数料」がポイント

新築マンションは仲介手数料がかからないケースがほとんどのため、中古に比べ、そのぶんの費用は必要ありません。

これを踏まえると、リノベーション前提でマンションを購入する方は、

ヨコヤム
物件購入からリノベーション工事までを一貫して行う「ワンストップ型」の業者を選ぶほうが、仲介手数料を安く抑えられるでしょう。

※新築マンションでも仲介業者を挟む場合は手数料が発生します

引き渡し時|中古マンション購入に必要な諸費用

マンションの引き渡し時に必要な費用

  1. 売買契約書に貼る印紙代
  2. 仲介手数料
  3. 登記費用
  4. 火災保険料
  5. 固定資産税
  6. 管理費・修繕積立金分担金
  7. 住宅ローン借入費用

中古マンション購入に必要な諸費用は、マンションの「引き渡し時」と「引き渡し後」の二つに分かれます。

ここでは先ず、引き渡しの際に必要な費用の内訳を見ていきましょう。

1. 売買契約書に貼る印紙代
2. 仲介手数料

  • 印紙代:¥10,000
  • 仲介手数料  =  ( 売買価格 × 3% + 6万円 )  ×  1.08

意外と知られていませんが、不動産売買の仲介手数料には上限額が定められている代わりに、下限に関しての法律は特にありません。

そのため、仲介手数料は上限額に設定している不動産会社がほとんどです。

※仲介手数料無料の業者もあります

3. 登記費用

  • 所有権移転:売主から買主へ所有権を変更すること
  • 抵当権設定:住宅ローンで借入するとき不動産に設定する担保権のこと

登録免許税、または印紙税+司法書士へ支払う報酬などを合わせ目安は ¥100,000 ~ ¥200,000 となります。

4. 火災保険

住宅ローンの借り入れには火災保険への加入がほぼ必須になります 。

保障内容によって金額は様々なため、仲介業者または希望の保険会社に大体の目安を確認してみてください。

5. 固定資産税
6. 管理費と修繕積立金の分担金

物件の引渡し日や物件の評価額にもよりますが、¥100,000前後見ておけばOK。

これらは、売主が既に支払ったものを日割りで精算します。

7. 住宅ローン借入費用

金融機関によって異なりますが、ローン契約書の印紙代¥20,000や事務手数料などがあります。

引き渡し後|中古マンション購入に必要な諸費用

引き渡し後|中古マンション購入に必要な諸費用

  • 不動産取得税
  • 固定資産税

マンションの引き渡しが終わると、忘れた頃に税金の請求書が送られます。

不動産取得税に関しては、「軽減措置の適用があるかどうか?」を物件購入の前に確かめておいてください。

軽減措置の適用があればゼロ または数万円の支払いで済みますが、適用がなければ数十万円になることもあります。

また、住宅ローン減税は中古マンションの場合「築25年以内まで」と言われますが、わたしたちは既存住宅瑕疵保険に加入することで(正確には売主が加入)住宅ローン減税を受けられたほか、この不動産取得税も軽減されました。

築古マンションを検討される方はぜひ、この保険について確認してみてください。

引っ越し費用や家具の購入費用にも注意

引越しにかかる費用はもちろん、家具や照明の購入費用もあらかじめしっかり計算しておきましょう。

  • 引越し費用
  • 家具や家電の購入費用
  • 照明やカーテン購入費用

中古マンション購入費用まとめ

見ているだけで頭が痛くなりそうな文字ばかりですが……あらかじめこれらの内訳を知っておくと、

  • 相場以上の請求をされていないか?
  • 必要な項目以外の請求をされていないか?

を確かめることもできます。

悪意のある不動産があるとまでは言わないですが、事前に知っておくことで不安を解消できることもあるはずです。

また、具体的な金額を把握できれば資金計画も立てやすくなります。

中古マンションの購入をお考えの方はぜひ一度、その費用を事前に計算してみてください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーと二輪免許を取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-住宅ローン
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.