札幌・藤野で発見!インダストリアルなコンテナカフェ「ハイキューブコーヒー」

投稿日:2017年3月28日 更新日:

ヨコヤム
札幌南区・藤野(国道230号線沿い)にあるインダストリアルなコンテナカフェ「High Cube Coffee (ハイキューブコーヒー)」をご紹介!

南区藤野にあるHigh Cube coffee(ハイキューブコーヒー)

  • 札幌藤野にあるHigh Cube coffee(ハイキューブコーヒー)
  • High Cube coffee(ハイキューブコーヒー)の入口

札幌中心部から石山通りを定山渓方面に向かうと、左手に朱色のコンテナが見えてきます。そこがハイキューブコーヒー!

コンテナ全体を撮りたいところですが、周りに残る雪が邪魔でして(苦笑)景観を損ねるので「寄り」で撮っています。入口はこんな感じ。

インダストリアルな外観と内装

  • High Cube coffee(ハイキューブコーヒー)の店内
  • アイアンのハンガーラック

広いとは言えない店内ですが、それほど狭い!とも感じません。思ったより寒くもなく不思議と落ち着きます。

余計なものがほとんどないシンプルな空間と、素材感を活かした内装やインテリアが程良いバランス。

インダストリアルな内装やランプ

床の感じも好きだなぁ。テーブルもおそらく全てDIY。天板も席によって違っていました。こういうテイストは、多少粗いくらいが雰囲気出ますよね ※よくよく調べるとオーダーメイドで家具や什器を手作りしているTRAHEREによるものだそう

High Cube coffee(ハイキューブコーヒー)の床

豆は佐藤珈琲

High Cube coffee(ハイキューブコーヒー)の豆は佐藤珈琲

豆は佐藤珈琲。お値段もリーズナブル。

手作りのお菓子

手作りのお菓子もあって、珈琲との相性もよさそうです。こう書いておきながらわたしは100%オレンジジュースをオーダー(笑)

おわりに

テイクアウトもできるのでドライブのお供に珈琲とお菓子を買いに寄るって方法も◎だと思います。インダストリアルなカフェ探し、次はどこを開拓しようかな!

High cube coffee
札幌市南区藤野3条10丁目1-27
10:00〜19:00
http://trahere.jp/news/coffee/

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.