札幌の分譲マンション専門フリーペーパー さぷりぶ とインダストリアル

投稿日:2017年4月6日 更新日:

2001年創刊の分譲マンション情報誌

つい最近まで知らなかったさぷりぶの存在。発行元は、副都心住宅販売から社名変更したスミタスという札幌の会社です。
http://www.suplive.net/index.html

札幌の分譲マンション情報誌さぷリりぶ

さぷりぶの意味は、SUPPLY(供給する)とLIVE(住む・暮らし)を組み合わせた造語だそう。

札幌市内の分譲マンションに住む8万世帯を対象に直接ポストへ届ける情報誌とのこと。実際に読んでみると内容はほぼスミタス関連。そりゃそうですよね、フリーペーパーという名の広告。

広告にインダストリアルの文字

お?と思って調べてみると、スミタスには好みのスタイルから内装を選べる「√S(ルートエス)」というリノベーションプランがあり、この広告はインダストリアルが7番目に公開されたという内容のものでした。ちなみに、現在展開中のスタイルは下記6つ

  • アトリエ
  • シャービーシック
  • レトロ
  • ジャポナイズ
  • ナチュラックス
  • リゾート

インダストリアルに続き、今後は「ロフト」「シンプリー」「アーバン」「オーガニック」「アート」の5スタイルが展開される予定とのこと。全部で12もあるんですね。

1平米 × 10万円というワンプライスリノベーション

専有面積×10万円という基本プランに、インテリア(2万円/㎡)を任意で追加できるそう。

家具の造作など基本プランにないものは別途見積(任意)

f:id:yokoyumyum:20170404221312j:plain

出典:https://root-s-ms.jp/system/

65平米のマンションなら650万円でリノベーション可能⁈

お得なパッケージプランに見えますが、専有面積×10万円ポッキリ!とはいかないと思います。

リノベーションの平均費用は「平米単価10万円」とよく聞きますが、個人的にはこれだと少し足りないんじゃない?って思うんです。

壁や床には予算をあまり掛けられず、デザイン性にもそれほどこだわれないかと。もちろん、どんな工事を希望するのかによって違いますが・・。

増える定額制リノベーション

リノベーションという言葉の認知度って、実際どのくらいなんでしょうか。定額制リノベーションがここ数年で増えているのは、この認知度とも関係しますよね。

何にどのくらい予算がかかるのか、素人には分かりにくい工事費用も「定額制」であれば、分かりやすく選びやすいのは事実。スミタスに限らず、今では各社に同様のプランがあるので、金額によって床材や建具など各社にどんな違いがあるのか、調べてみたいと思う今日この頃。

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.