「名作家具のヒミツ(ジョースズキ・著)」で知る巨匠たちの知られざる素顔

更新日:

ヨコヤム
名作家具は数あれど……それを手掛けた巨匠たちのエピソードを知ると、見慣れた家具も新鮮に見えます。
知られざるストーリーやデザイナーの人生にフィーチャーした「名作家具のヒミツ」は、家具そしてインテリア好きの方にぜひお読みいただきたい1冊です。
ヨコヤム

ジョースズキ・著「名作家具のヒミツ」

ジョースズキさんのプロフィール

デザイン、海外文化などライフスタイルを中心に、国内外のメディアに寄稿する国際派の文筆家・写真家。

かつてはNYのリーマン・ブラザーズに席を置き、ブラジル、フランス、イギリスなど10余年の海外生活経験を持つ。

デザインプロデューサーとしての顔も持ち、家具ビジネスのあるべき姿を訴えたイベント、“MAIN”のディレクターも務める。

慶應義塾大学法学部政治学科卒。横浜生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用:hmv

ヨコヤム
「名作家具のヒミツ」は2014年に出版されたジョースズキさんの著書。

文筆家でありデザインプロデューサーでもあるジョースズキさんは、自動車雑誌「ENGINE」で人気の連載「My Car & My House」なども担当されています。

ENGINE(エンジン)は、男性向けの月刊誌。

自動車を中心にファッションや時計、インテリアについて書かれている人気雑誌です。

「名作家具のヒミツ」で知る巨匠たちの素顔

ここからは早速、「名作家具のヒミツ」で知った驚きのエピソードを一部、ご紹介したいと思います。
ヨコヤム

1. 35年間もお蔵入り? ルコルビュジエの「LC2」

「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」の表紙で、おしゃ子も座る「LC2」。

LC2といえば「コルビュジエ」というイメージですが、実質的には「シャルロット・ペリアン」がデザインしたと言われています。

ヨコヤム
「ルコルビュジエは、家具作りのセンスがなかったのでは?」 と、本の中でジョースズキさんは疑っている様子(笑)

LC2の発売当時は一部の金持ちしか購入せず、採算が見込めないことからお蔵入りになったんだとか……。

それから35年の時を経てカッシーナから復刻。

売れなかった時期があったなんて意外ですよね。

2. アイリーングレイをデザイン界から抹消

アジャスタブルテーブル

また、コルビュジエが「アジャスタブルテーブル」のデザイナー「アイリーングレイ」をデザイン界の表舞台から抹消した……というくだりにも衝撃です。

変わり者とよく聞きますが、もはや怖い(笑)

3. バウハウス様式なんて無い?

チェスカチェア

チェスカチェア

マルセイブロイヤーといえばバウハウス。

「チェスカチェアといえばバウハウス」と思いきや、「そもそもバウハウス様式なんて存在しない」とジョースズキさんは言います。

バウハウスはドイツに実在したデザイン学校ですが、「様式」が付く言い方は違うと言いたいのだと予想。

バウハウスの精神を、様式という言葉で一括りにはできない、ということなのでしょうか。

4. 光の質にこだわったPHランプ

PHランプ

「光の質」にとことんこだわったポールヘニングセンのロングセラー「PHランプ」。

ショップで見掛ける以外、実際に使ったことはないですが、黄金比に目を付けたこだわりのシェードと、それによって生まれる光の効果や美しさが愛される理由なのだと、この本によって理解が深まりました。

5. たった3台しかない「Giant 1227」

Giant 1227

Giant 1227

スプリング式アームランプの元祖「アングルポイズ」。

アングルポイズは、自動車工場の作業場で使うことを目的に作られたイギリス生まれのランプです。

「Original 1227」の3倍もある「Giant 1227」は、それはもう最高にクールですが、当時作られたのはたったの3台だそう。

現行品もありますが、そのお値段56万円。くぅ……。

6. 過去に生産中止になったAチェア

Aチェア

オープンカフェでよく見かける椅子といえば「Aチェア(エーチェア)」。

スチールに亜鉛メッキが施されたインダストリアルなデザインは、アウトドアで使用できるだけでなく、スタッキングも可能なことから、店舗から住宅まで幅広く採用されている椅子です。

発売当初も売れていたそうですが、その後一度生産中止になったそう。

現在も売れている椅子だけに、これも非常に驚きました。

名作家具のヒミツまとめ

ご紹介したのはほんの一部ですが、いかがでしたでしょうか。

名作と化した家具とデザイナーの背景を知ると、それまで何となく見ていた家具たちが新鮮に感じます。

「名作だから」「人気だから」というだけでなく、作り手の人物像や歴史が分かるだけで、一気に家具への愛着が湧きますよね。

家具やインテリア好きの方でまだお読みでない方は、この機会にぜひお手に取ってみてください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめ家具

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.