料金を可視化!定額制リノベーションの費用目安とメリットデメリット

投稿日:

ヨコヤム
定額制のセミオーダープランを元にフルリノベーションしたわたしたち夫婦。施工会社によって「定額制」の内容は異なりますが、今回はそのメリットデメリットについてまとめます。

自由設計型とパッケージ型に分かれる定額制リノベーション

自由設計型とパッケージ型に分かれる定額制リノベーション

工事中の我が家の様子

リノベーションという住まいの選択が浸透しつつあるなか、工事費用をあらかじめ設定できる「定額制リノベーション」が増えています。

定額制リノベーションとは、工事内容や建材、キッチンや浴室などの設備を予め業者が選定し、料金を固定化させたもの。

設備や資材を一括で仕入れることによりコストダウンが可能になるため、フルオーダー制のリノベーションに比べ費用を抑えられる点が大きな特徴です。

また、定額制リノベーションには「自由設計型」と「パッケージ型」の2種類があります。

※施工会社によって特徴は異なります

【定額制1】自由設計型リノベーションのメリットデメリット

自由設計型リノベーションのメリットデメリット

キッチンやお風呂などの設備があらかじめ決められている定額制リノベーションですが、自由設計型またはセミオーダー制のリノベーションの場合は、比較的多くの選択肢から選ぶことができます。

住みたい家のイメージに合わせてチョイスしやすいのがメリットですが、場合によってはオプション扱いとなり、結果的に追加予算が必要となるケースもあるため、その点には注意が必要です。

【定額制2】パッケージ型リノベーションのメリットデメリット

パッケージ型リノベーションのメリットデメリット

パッケージ型リノベーションは、自由設計型に比べ部材や設備の選択肢が多くありません。

「何をどう選んで良いか分からない」という人にとっては迷いが少なく、プランニングしやすいのがメリットですが、こだわり派には物足りないのがデメリット。

自由度の高いリノベーションを希望する方には向かないですが、予算重視という方にはぴったりです。

定額制リノベーションの費用目安

定額制リノベーションの費用目安

定額制リノベーションの費用目安はズバリ……約10万円/㎡  です!

70平米のマンションであれば、700万円ということ。
この金額はあくまで目安ですが、まずはこれを基準に考えてみてください(一部を改修するリフォームではなく、間取り変更も伴うスケルトンリフォームを想定しています)。

なかには平米単価が10万円を切る施工会社もありますが、デザイン性の高いリノベーションを求める場合は15万円以上かかることも珍しくありません。

【実例】我が家の平米単価は……

【実例】我が家の平米単価は……

フルリノベーションした我が家のリビング

ヨコヤム
63平米の我が家がフルリノベーションにかかった金額は820万円。
平米単価にすると13万円です。

わたしたちが定額制リノベーションを選んだ理由

わたしたち夫婦が定額制リノベーションを選んだ理由は下記の4つ。

定額制を選んだ理由

  • 資金計画しやすい
  • 資金不足を避けたい
  • 水まわりにはこだわらない
  • リビングを充実させるため他の部屋はシンプルでOK

リノベーションはリビングに注力!と考えていたため、「この内容であれば定額制プランにハマるはず」と思ったことも理由の一つです。

費用がかさむ水まわりは、設備交換とクロスの張替え程度に抑えられればコストダウンが可能。
その代わり、造作洗面台や在来工法のお風呂は予算的にほぼ不可能です。

実際に定額制リノベーションを選んで感じたこと

前述のとおり、定額制リノベーションと言っても費用や内容は業者によって様々です。

当初は「自由度が低すぎる定額制プランなら嫌」と感じていましたが、実際の工事では柔軟にご対応いただき、満足しています。

予算は若干オーバーしましたが(笑)それも含めて結果オーライです。

定額制リノベーションまとめ

魅力的な定額制リノベーションですが、安かろう悪かろうならぬ、安かろうダサかろうな業者もなかには存在するため、リノベーションは費用面だけでなく「ここが良い」と思えるパートナーを見つけることも大切です。

定額制に決めたら場合は「どんな部材を使うのか」「設備はどこのメーカーなのか」「保障期間はどうなっているか」などを事前に確認しながら、業者を比較検討してみてください。

ヨコヤム
施工会社を比較する際は、無料の資料請求がおすすめです。
家づくりに関する知識や、お役立ち情報も得られるためこれを活用しない手はありません。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.