ダサいを脱却。おしゃれに進化した突っ張り棒ドローアライン

更新日:

ヨコヤム
2017年に発売されたDRAW A LINE(ドローアライン)。あれから4年が経ち、今ではすっかり「おしゃれな突っ張り棒」として世に認知されました。
この記事では、ドローアラインの魅力を解説すると同時に「安くておしゃれ」と評判のLOWYAの突っ張り棒についても比較します。
ヨコヤム

DRAW A LINE(ドローアライン)は突っ張り棒の進化版

DRAW A LINE(ドローアライン)は突っ張り棒の進化版

出典:DRAW A LINE

ヨコヤム
「便利。でも……かっこ悪い」という印象を払拭できなかったこれまでの突っ張り棒。

なぜか「白一択」というカラバリと、インテリアに映えないデザイン。

もう少し、まともなアイテムがあれば良いのに……と思っていた矢先に発見したのが「ドローアライン」でした。

ドローアラインは平安伸銅工業とTENTとのコラボから生まれた突っ張り棒

DRAW A LINE(ドローアライン)は、突っ張り棒の老舗メーカー「平安伸銅工業(へいあんしんどうこうぎょう)」とクリエイティブユニット「TENT」から生まれたコラボ商品。
ヨコヤム

これまでの突っ張り棒といえば、「できれば隠したい」そしてなるべく見られたくない……という印象でした。

ですがドローアラインは、「インテリアに映える突っ張り棒」というポジションを見事に確立させたと言っても過言ではないアイテム。

また、突っ張り棒だけでなくオプションパーツが豊富な点も魅力の一つ。

用途に応じてカスタマイズできるという優れものです。

なお、「レッドドット・デザイン賞」というドイツのデザイン賞も受賞しています。

ヨコヤム
ちなみに平安伸銅工業は、あの「LABRICO(ラブリコ)」を生み出した老舗メーカー。

原状復帰ができ、賃貸でも手軽に使えるDIYパーツとして大人気ですよね。

おしゃれなドローアラインは機能性も文句なし

2色展開のドローアラインは機能性も文句なし

パーツの一部には真鍮が使われています

ドローアラインのメリット

  • 壁を傷つけない
  • 取り付けが簡単
  • 今までにない壁面固定方法
  • カスタマイズが可能
突っ張り棒ならではの機能性と、ドローアラインだからこそのデザイン性。
ヨコヤム

もはや文句の付け所がないくらい……魅力的です。

こうして見ると、クラウドファンデングで人気だったことにも頷けます。

カラーはホワイトとブラックの2色展開

ドローアラインのカラーは、ホワイトとブラックの2色展開。

ツヤの無いマットな紛体塗装が個人的にはツボです。

ヨコヤム
ネジ部分がプラスチックではなく「真鍮」なのも人気の理由。
楽天で見る

 

2018年にはサンワカンパニーとのコラボ商品が誕生

ドローアラインのオプションパーツとして、2018年にはあのサンワカンパニーからパーテーションとオープンラックが発売されました。
ヨコヤム

パーテーションは、空間を間仕切りながらゾーニングできるだけでなく、壁面に設置して使うこともできます。

棚付きのオープンラックは、玄関やクローゼットで活躍してくれるアイテム。

どちらもアルミ製のため錆びる心配もありません。

「安くておしゃれな突っ張り棒」として評判のLOWYA(ロウヤ)と比較

LOWYAの突っ張り棒

LOWYAの突っ張り棒|出典:LOWYA

LOWYA(ロウヤ)は、お手頃価格ながらもデザイン性が高いとして評判のインテリアブランド。

ドローアラインと同様、ロウヤにも「ダサい」を脱却した突っ張り棒があります。

ヨコヤム
ここでは「価格」「パーツ」「サイズ」の3点から、二つを比較してみました。

価格で比較

価格パーツサイズ
ドローアライン¥6,050あり最長275cm
LOWYA¥2,990なし最長250.5cm

※ドローアラインはテンンションCロッド(縦型)と比較

ロウヤの価格はドローアラインの約1/2。

ドローアラインのようにオプションパーツが無い点は残念ですが、安見えせず、フックを好きに付けられるなど安いながらも優秀です。

専用パーツで比較

ドローアラインはオプションパーツが豊富

ドローアラインはオプションパーツが豊富

前述のとおりドローアラインにあってロウヤにないのが「専用パーツ」。

ドローアラインには、フック、トレイ、照明、シューズラックなど数種類の後付けパーツがあり便利です。

フックを取り付けて収納として使うのはもちろん、トレイを付けて植物を置くなど、インテリアとして使いたい人に向いています。

サイズ比較

  • ドローアライン:200〜275cm
  • LOWYA:193.5〜250.5cm

ドローアラインとロウヤとでは最長サイズが大きく異なります。

住宅の一般的な天井の高さは2.4mですが、なかには高い天井にお住まいの方もいらっしゃるはず。

「部屋の天井が2.5m以上」の場合、ロウヤは使えません。

専用パーツでカスタムしたい人はドローアライン。収納できれば良い人はロウヤ

LOWYAの突っ張り棒

我が家も実際にLOWYAの突っ張り棒を使っています

比較した3点をまとめると、「どちらを使うと良いか」は下記に分かれます。

  • ドローアライン:照明を取り付けたり植物を置くなどインテリアにしたい人、専用パーツでカスタムを楽しみたい人
  • LOWYA:フックが付属されており収納できればOKな人

コスパ重視の人にもLOWYAはおすすめ

 

模様替えや収納にも役立つドローアライン

いかがでしょうか、ドローアライン。

突っ張り棒も魅力的ですが、サンワカンパニーから発売されたパーテーションも個人的にはアツいです(笑)

賃貸住宅でも問題なく使えるため、気になる方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめ収納 

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.