ダサいを脱却!ブラックな突っ張り棒「DRAW A LINE(ドローアライン)」

投稿日:

ヨコヤム
2017年の発売当初に、このブログでもご紹介した『 DRAW A LINE(ドローアライン)』。あれから2年が経ち、今ではすっかり「おしゃれな突っ張り棒」として世に認知されました。そこで今回は、以前書いた記事を大幅リライト!ドローアラインの魅力について再度まとめます。

DRAW A LINE(ドローアライン)は突っ張り棒の進化版

DRAW A LINE(ドローアライン)は突っ張り棒の進化版

出典:DRAW A LINE

「便利。でも……かっこ悪い」という印象を払拭できなかったこれまでの突っ張り棒。

なぜか白一択というカラバリとインテリアに映えないデザイン……。

もう少し、まともなアイテムがあれば良いのに……と思っていた矢先に発見したのが「ドローアライン」でした。

平安伸銅工業とTENTとのコラボから生まれたドローアライン

DRAW A LINE(ドローアライン)は、突っ張り棒の老舗メーカー「平安伸銅工業(へいあんしんどうこうぎょう)」とクリエイティブユニット「TENT」から生まれたコラボ商品。

これまでの突っ張り棒といえば、できれば隠したい、そしてなるべく見られたくない……という印象でしたが、ドローアラインは「インテリアに映える突っ張り棒」というポジションを見事に確立させたと言っても過言ではないと思います。

また、突っ張り棒だけでなくオプションパーツが豊富なのもグッド!
用途に応じてカスタマイズできるという優れものです。

なお、「レッドドット・デザイン賞」というドイツのデザイン賞も受賞しています。

ヨコヤム
ちなみに平安伸銅工業は、あの「LABRICO(ラブリコ)」を生み出した老舗メーカー。
原状復帰ができ、賃貸でも手軽に使えるDIYパーツとして大人気ですよね。

2色展開のドローアラインは機能性も文句なし

2色展開のドローアラインは機能性も文句なし

突っ張り棒ならではの機能性とドローアラインだからこそのデザイン性を兼ね備えたこのアイテムは、もはや文句の付け所がないくらい……魅力的!

こうして見ると、クラウドファンデングで人気だったことにも頷けます。

ドローアラインのメリット

  • 壁を傷つけない
  • 取り付けが簡単
  • 今までにない壁面固定方法
  • カスタマイズが可能

カラーはホワイトとブラックの2色展開。
ツヤの無いマットな紛体塗装が個人的にはツボです。

ネジ部分がプラスチックではなく「真鍮」なのも人気の理由だと思います。

ドローアラインを楽天で見る

2018年にはサンワカンパニーとのコラボ商品が誕生

ドローアラインのオプションパーツとして、2018年にはあのサンワカンパニーからパーテーションとオープンラックが発売されました。

パーテーションは、空間を間仕切りながらゾーニングできるだけでなく、壁面に設置して使うこともできます。
棚付きのオープンラックは、玄関やクローゼットで活躍してくれるアイテム。

どちらもアルミ製のため錆びる心配もありません。

模様替えや収納にも役立つドローアライン

ドローアラインを楽天で見る

いかがでしょうか、ドローアライン。

突っ張り棒も魅力的ですが、サンワカンパニーから発売されたパーテーションも個人的にはアツい……です(笑)

賃貸住宅でも問題なく使えるため、気になる方はこの機会にぜひチェックしてみてくださいね。

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-収納とインテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.