好きです、札幌。移住女子(伊佐知美・著)を読んで思うサッポロの魅力

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

2012年の秋、結婚を機に東京から札幌へ移り住んで早10年目。

この記事では、伊佐 知美さんによる著書「移住女子」を読んで思う札幌の魅力をまとめました。
ヨコヤム

伊佐 知美・著「移住女子」について

家賃が高い、通勤がしんどい、おまけに子育ても大変。そんな都会から地方へ移住して未来を変えた、8人の「今」。

岩手、新潟、鳥取、福岡と場所は違えど、そこには豊かな自然、ご近所さんとの絆、ゆったり流れる時間がある。

移住のきっかけ、働き方、恋の話……。地域に寄り添い自分らしく暮らす女性たちの素顔に迫る。

引用:新潮社

〜もっと私らしく生きていける場所がある〜

ヨコヤム
「移住女子」は主に、田舎暮らしへとシフトした女性たちについて書かれた本。

農業や町おこし、ボランティアなどに携わる方々をフィーチャーしています。

その類の移住とは異なるわたしですが、次項では札幌に移り住んで感じたことをご紹介します。

東京から移住したわたしが感じる札幌の好きなところ

北海道の雪景色

北海道の雪景色

札幌の好きなところ

  • スギ花粉がない
  • ゴキブリが出ない
  • 春の到来に幸せを感じる
  • 野菜や魚が本州の何倍も美味しい

200万人都市にして世界有数の豪雪地帯サッポロ。

長い長い冬と凍った道には未だ恐怖を感じますが……それでもやっぱり「住み良い街」だと感じています。

好きなところ1. スギ花粉がない

花粉症のわたしにとって、スギ花粉がほとんど飛ばないというのは有難い限り。

その代わりシラカバ花粉があるものの、今のところ平気なので問題ありません。

東京に居た頃は毎日のように薬を飲んでいたため、そんな生活から解放された今は本当に楽です。
ヨコヤム

好きなところ2. ゴキブリが出ない

札幌に住んで以降、家の中でゴキブリを見たことが一度もありません。

ヨコヤム
飲食店や路地裏で見掛けることはあっても、住宅にはほぼ出ないと言っても過言ではないでしょう。

花粉問題と同じくらい、いや、それ以上にこれは嬉しい。

東京時代はゴキブリ対策に余念がなかったぶん……今はノンストレスです。

好きなところ3. 春の到来に幸せを感じる

神威岬

ここは神威岬

「春の訪れがこんなに嬉しいものだったとは……」と感じるのは、札幌に移住したからこその経験。
ヨコヤム

わたしは愛知で育ち、20代は東京で過ごしましたが、北海道に春が来る喜びは本州に居た頃と何倍も違います……。

長い長い冬から解放されていくあの感覚は、愛知や東京では決して味わえません。

好きなところ4. 野菜や魚が本州の何倍も美味しい

厚岸産の牡蠣

厚岸産の牡蠣

札幌に越すまで知らなかった「行者ニンニク」や「山わさび」。

じゃがいもの種類の多さにも驚きでした。

ヨコヤム
回転寿司のクオリティは高く、東京に居た頃は食べられなかったジンギスカンも、今では大好きに。

北海道には数多の「美味しい」が詰まっています。

東京から移住したわたしが感じる札幌の嫌いなところ

すすきの交差点

ここは「すすきの」の中心部

  • 高速道路がつまらない
  • 道路がガタガタしている
  • 給料が安い

良いところ満載の札幌ですが、物足りないと感じることもあります。

嫌いなところ1. 高速道路がつまらない

札幌に限りませんが、北海道の高速には当時ビックリ……。

ヨコヤム
街灯が少ないため夜は暗く、サービスエリアも必要最低限の設備しかないため楽しみがほとんどありません。

一車線しか無い区間も珍しくなく、有料であることに苛立つことも多々。

北海道の高速道路は実に「さみしい」です。

嫌いなところ2. 道路がガタガタしている

これは北海道あるあるの一つ。

雪が溶けて路面が見える時期をはじめ、北海道は基本的に道路がガタガタしています。
ヨコヤム

降雪地帯のため除雪車でアスファルトが削られてしまうなど、仕方ない部分もありますが、もう少し平らにならないものか……と感じます。

嫌いなところ3. 給料が安い

2019年札幌市の平均所得

出典:2019年札幌市の平均所得

ヨコヤム
給料と一口に言っても職種や業種によりますが、移住当時のわたしの年収は東京時代の約半分。

この現実を知ったときはショックを越えて、悔しかったです。

ですがこの経験がバネになり、今では年収が東京時代を越えました。

結論、札幌はプラマイプラスで良いところ

小樽の海

ここは小樽の海

不満はあるものの、札幌はプラマイプラスで良いところ。

厳しい冬には毎度、音を上げそうになりますが……雪が解けると、そんなことは早々に忘れます。

命が一気に芽吹く春を、人も自然も目一杯楽しもうとしているようで、これぞ「日本の四季」だと実感できます。

また、山があり、川もあり、海も近い札幌。

忙しなさを感じず、程よい空間感で居られるのは「自然との共生」がそうさせているのかもしれません。

「移住女子」は、そんなことを考えさせてくれるきっかけになった一冊でした。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-コラム

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.