【モリヒコホテル】HOTEL POTMUM STAY&COFFEE 宿泊リポート

更新日:

ヨコヤム
「HOTEL POTMUM STAY&COFFEE」は、札幌の人気珈琲ブランド「MORIHICO.(モリヒコ)」監修のホテル。ビル一棟をリノベーションし、ゲストハウス型ホテルとしてサービスを展開しています。今回は、実際に宿泊して感じたモリヒコホテルのあれこれをお届けしたいと思います。

モリヒコ監修「HOTEL POTMUM STAY&COFFEE 」が菊水にオープン

モリヒコ監修「HOTEL POTMUM STAY&COFFEE 」が菊水にオープン

2017年6月にオープンした「HOTEL POTMUM STAY&COFFEE 」

札幌の「MORIHICO.(モリヒコ)」監修によるリノベーションホテル「HOTEL POTMUM(以下:モリヒコホテル)」は、2017年6月菊水にオープンしました。

3階建となるホテルの1Fには、7店舗目となるモリヒコのNEWなカフェ「MORIHICO. STAY & COFFEE」も併設されています。

不動産販売などを手掛ける藤井ビルとモリヒコのコラボ

不動産販売などを手掛ける藤井ビルとモリヒコのコラボ

今回オープンしたモリヒコホテルは、同じく札幌で不動産販売などを手掛ける「藤井ビル」とのコラボです。

札幌の珈琲カルチャーを牽引するモリヒコと不動産のプロによる新しいホテル。そうと聞いただけでますます期待が膨らみます。

個人的に気になるのは「ビル一棟リノベーション」「ゲストハウス型ホテル」という二つのキーワード。これを読み解くべく、オープン直後に早速宿泊してみました。

【宿泊リポ1】MORIHICO. STAY & COFFEE

先ずは、ホテルの1Fに併設された「MORIHICO. STAY & COFFEE」の様子をお伝えします。

1. 天井高5メートルを超える開放的な店内

  • 高い天井とインダストリアルな雰囲気のMORIHICO. STAY & COFFEE
  • PUEBCOの雑貨やアート作品のある店内

カフェの雰囲気は、2016年にモリヒコの6店舗目としてオープンした MORIHICO.TSUTAYA美しが丘店 にも通じるインダストリアルな空間。

宿泊客はもちろん、近所に住む方や仕事をする人で混み合っていました。

カフェには薪ストーブもあります

カフェには薪ストーブもあります

2. 店内にある書籍は「誠光社」によるセレクト

壁一面にある書籍は誠光社によるセレクト

壁一面にある書籍は誠光社によるセレクト

高い天井と開放的なカフェの壁面には多くの書籍が並べられています。なんとその数2000冊。
また、注目すべきは、この書籍のセレクト!ここにある本は、2015年京都にオープンした「誠光社」による選書です。

誠光社とは

誠光社は「恵文社一乗寺店(京都)」の名物店長・堀部篤史さんが独立し、新たに立ち上げた書店。
恵文社は2008年にイギリスのガーディアン紙が発表した「The world’s 10 best bookshops」に選ばれたことでも知られ、全国的に有名な書店です。

3. 夜はBARへ

「MORIHICO. STAY & COFFEE」では夜、クラフトビールが楽しめます。このクラフトビールは、北海道ニセコ町の湧き水を使用しているそう。おつまみセットもあり、飲み比べもおすすめです。

また、カフェフードは、朝・昼・夜とそれぞれで違ったメニューが用意されています。

【宿泊リポ2】HOTEL POTMUM

ここからは客室の様子をリポート!客室は、上下階でドミトリースペースと個室に分かれています。

1. 客室タイプ

  • HOTEL POTMUM2階入口
  • HOTEL POTMUM館内の階段

ドミトリーは2F、個室が3F。

ドミトリーは3人部屋、4人部屋、6人部屋に分かれており、家族やグループでの貸切にも対応しています。Wi-Fiは全館で利用可能(無料)。

個室は、シングル、ツイン、ダブル、トリプルがあります。
それぞれの階にはエレベーターで行き来でき、フロアへはルームキーを使って入室します。

2. ドミトリーと共用スペース

  • HOTEL POTMUMドミトリーの様子(3人部屋)
  • HOTEL POTMUMドミトリーの様子

木のぬくもりが感じられるドミトリーのベットには、貴重品BOXや読書灯に加え、USBコンセントも付いています。

各ベットに備え付けの貴重品BOXベットはジグザグに配置されているため、人の目線も気になりません。

HOTEL POTMUMドミトリーの様子(6人部屋)

6人部屋のドミトリー

共用スペースは下記の4箇所。広々としたリビングにはキッチンや冷蔵庫、自動販売機がありました。

  • リビング
  • シャワールーム
  • 洗面所
  • コインランドリー(有料)

共有リビングにあるキッチン

シャワールームは全部で4室。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープも完備されています。

床にペイントされたshouerの文字

シャワーの水圧はバッチリ!レインシャワーもあります。

  • シャワールームの様子
  • 洗面所の様子

3. アメニティも充実

アメニティも充実のドミトリー

アメニティも充実のドミトリー

ゲストハウス型ホテルとありますが、アメニティも用意されています(一般的なゲストハウスにアメニティは無いような……!)

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • バスマット
  • スリッパ
  • ルームウェア
  • 歯ブラシ

4. 個室

個室がある3Fフロアの様子

個室がある3Fフロアの様子

3Fにある個室は、シングル・ツイン・ダブル・トリプルいづれも小ぶりな部屋ですが、内装がそれぞれ違い、どの部屋もシンプルで清潔感のある造りでした。

シャワー・トイレ・TVやミニキッチン・冷蔵庫など一通りの設備もあります。

5. 朝食

  • HOTEL POTMUMの朝食
  • HOTEL POTMUMのウェルカムドリンクの一部

朝食は、道産食材を使ったメニューと、数種類の中から選べるスープ&ドリンク付きです。焼きたてのパンはなんと食べ放題!

モリヒコホテルまとめ

モリヒコホテルまとめ

モリヒコホテルは、所々に改修前の名残りを感じるものの、言われなければここがオフィスビルだったとは感じないほど見事にリノベーションされた造り。

そして、「ゲストハウス型ホテル」という言葉の意味が、泊まってみてようやく理解できました。
個室はホテルそのものですが、ドミトリーに関しては、ホステルの特徴を持ち合わせながらもホテルに近いサービス内容。

また、スタンダートなゲストハウスの仕組みや雰囲気とはまた違い「アーバンで機能的」なのも、POTMUMの特徴だと思います。

ここ最近、札幌にもゲストハウスが増えていますが、利便性やデザインあるいはブランド力でホテルを選ぶように、ゲストハウスにもその流れが生まれているような気がしてなりません。

基本機能は同じでも、地域での優位性、他社との差別化が「多様性」となる訳で……!
それがどんな効果をもたらしていくのか、今後の展開が楽しみです。

MORIHICO. STAY & COFFEE
HOTEL POTMUM

札幌市白石区菊水1条1丁目3-17
地下鉄東西線「菊水駅」2番出口徒歩3分
011-826-4501(MORIHICO)
011-826-4500(POTMUM)
https://www.potmumhotel.jp/

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-リノベーション

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.