ジャンル不問の表現集結!札幌がアートに囲まれる札幌国際芸術祭2017

投稿日:2017年8月20日 更新日:

札幌国際芸術祭とは?

3年に一度、札幌を舞台に開催される芸術の祭典Sapporo International Art Festival(略称:SIAFサイアフ)は今年で2回目。

公園、カフェ、ゲストハウス、商店街、居酒屋・・という具合に「そんなところで?」な会場満載&ジャンルも不問。メインテーマは「芸術祭ってなんだ?」

その名の通り、型にはまらない縦横無尽なアートが札幌をジャックします。

UNTAPPED HOSTELに置かれた札幌国際芸術祭のポスター

Sapporo ARTrip「アートは旅の入口」

とにかく色んな場所で繰り広げられる「表現の祭典 」。

その中のひとつ「Sapporo ARTrip アートは旅の入口」をご紹介!このテーマでは、札幌市内にある8つのゲストハウスが会場になっていて、計10組の作家による作品が展示されています。例えば・・

UNTAPPED HOSTEL

以前もこのブログで取材させていただいたゲストハウスUNTAPPED HOSTEL(アンタップト・ホステル)さん。

UNTAPPED HOSTEL本館・別館のサイン

こちらでは、相川みつぐさん、上ノ大作さん、ワビサビさんの作品を観ることができます。

わたしがいちばん惹かれたのは、ホステル本館の外壁に描かれた相川みつぐさんの作品。

相川みつぐさんによる作品

ダイナミックかつ、UNTAPPED HOSTELの雰囲気と見事にマッチ!思わず「おおおお」でした。かっこいい。

倉庫に描かれた相川みつぐさんの作品

↓続いて上ノ大作さんの作品。

UNTAPPED HOSTELに展示された上ノ大作さんの作品

竹で編まれたハタゴ(旅籠)。ホステル本館と別館を繋ぐ中庭にあり、草花に溶け込んで幻想的。

上ノ大作さんによる「ハタゴ」

芸術は爆発だ(笑)

ハタゴに入る人

また、画像にはないですがホステル別館に展示されているワビサビさんの作品も是非に。和と洋の絶妙な空間(リビング)と相まって、とっても素敵でした。お次は、

札幌市資料館

大正時代に建てられ、国の登録有形文化財に選定された札幌市資料館。

期間中は、6つのギャラリーが全てSIAFに(詳細はこちら)。ギャラリー1で開催中の「北海道の木彫り熊」は特に見応えありでした。見渡す限り、熊・くま・クマ!

札幌国際芸術祭「北海道の木彫り熊」

歴史的建造物をじっくり眺めて歩くのも◎かと。

歴史的建造物でもある札幌市資料館

2017.8.20追記↓楽しみにしていたこちらも登場!

モバイルアースオーブン

役目を終えた消防車の荷台に、自然素材だけで作られたオーブンを載せた車が、SIAF2017会期中、旭山記念公園や市内のさまざまな場所やイベントに現れ、お越しいただいた方とともにオーブンを囲んで野菜を調理します。
http://siaf.jp/projects/mobile-earth-oven

これは面白そう!と気になっていたモバイルアースオーブン。わたしがお邪魔したのは、これまたUNTAPPED HOSTELさん。

UNTAPPED HOSTELに来たモバイルアースオーブン

↓UNTAPPED HOSTELでは、野菜を焼くこと以外にピザ作りのワークショップも開催。子供から大人まで沢山の人で賑わってました。

可愛い看板

食べると暮らしの研究所・理事長さん

↓あっという間にピザが焼けちゃいます。

自然素材だけで作られたオーブン

消防車に釜。このアイデアが面白い!子供たちが楽しそうに生地を練ったり、釜の中でピザを転がす大人たちもみんな笑顔。(わたしも楽しかった!)いいですよね、こういうの。

余談ですが、UNTAPPED HOSTELには今年、本館の裏庭にビアスタンドがオープンしたんです。これがまた素敵でして。

UNTAPPED HOSTELにオープンしたビアスタンド

UNTAPPED HOSTELの裏庭にあるビアスタンド

今のところ夏季限定オープン。前途した「Sapporo ARTrip「アートは旅の入口」」を見ながら、庭でビールを一杯というのもおすすめです(オープン日はFaceBookページなどでご確認ください)

楽しみ方は十人十色

この芸術祭に「楽しみ方マニュアル」はありません。

何を見るかどこを回るか、そのチョイスも順番も個人の自由!(その日限りのライブイベントなどもありますよ。)有料会場に何度でも入場できる「パスポート」もあるので気になる方はオフィシャルサイトをご覧ください。

3年に一度の芸術祭。難しいことは考えない!で、アートに触れましょ、楽しみましょ。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-取材|お宅訪問
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.