yokoyumyumのリノベブログ

ライフスタイルリフォームアドバイザー 『ヨコヤムヤム』がお届けする、マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ。

インダストリアルとは違うハズ!『男前インテリア』はどこからどうして生まれた言葉?

どこから生まれたの?


特に深く考えることなく、気が付けば、いつの間にかわたしも使っていたこの言葉。
よくよく調べてみると、どうやら「RoomClip」から生まれた言葉のようです。

roomclip.jp

どうして生まれたの?


ジャンクスタイルやブルクッリンスタイル、
そしてインダストリアルなど「無骨で男らしい雰囲気」のことを分かりやすく、
日本風にアレンジした言葉が「男前インテリア」なんだと思います。

それと、
これはあくまで女性目線だということ。

男性は自分で自分のことを男前とは言いませんよね?
「女性が好む男前なテイストやデザインを指す言葉」ということもポイントだと思います。

インダストリアルなカフェ

広義の意味では同じ。でも狭義の意味では・・違う!

 

「インダストリアルって男前インテリアのことでしょ?」と聞かれれば
広義の意味では「Yes」だと思います。でも、狭義の意味では「No」

「100均で作る!男前インテリア」のような特集をよく見掛けますが、
もし仮に「男前インテリア=100均」と認識している人が居るとすれば、
インダストリアルは狭義の意味でやはりNo!です。

ちょっとややこしい書き方かもしれませんが
「言いたいことは分かる」という方が居たら嬉しい・・な! 

 

女性誌が生み出す流行語のようなもの


例えば、

  • 「アラサー」という言葉を生み出した「GISELe 」
  • 「VERY」が提唱する「イケダン(イケてるダンナを指す言葉)」
  • 「美STORY」から生まれた「美魔女(びまじょ)」
  • 「LEON」(これは男性誌ですが)の「ちょい不良(ワル)オヤジ」

というように、
感覚的にピンとこなければ、キャッチコピーとは言えないのと一緒なんだと思います。

「伝えやすくて分かりやすい」言葉という観点で見れば、
男前インテリアは、有効的なワードなんだろうな、と思う今日この頃。

RECOMMENDこちらの記事も人気です