yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム

ビフォーアフター|リノベーションでココまで変わる!I型(壁付け)キッチンの魅力まとめ

この記事をシェアする

リノベーションで壁付けに


今や日本では、ペニンシュラ・アイランド・ II型などなど、オープンな対面式キッチンが主流ですよね。
物件を探していた頃、内覧した新築マンション&戸建のモデルハウス&築浅の中古マンションは、いづれも全て対面式でした。

対面式 VS  壁付け

賃貸時代は、セミオープン型の対面式キッチンでしたが、リノベーションでは、あえての「壁付け」に。
システムキッチンの横幅も、賃貸時代より狭くしましたが、以前より動きやすくなって快適です。

プラス5センチがベスト⁈

キッチンカウンターの高さは、以下の算出法が一般的。

身長 ÷ 2 + 5 =カウンター高さ(センチ)

わたしの場合、この計算だと80センチがベストですが、実際は85センチにしています。
賃貸時代は80センチでしたが、腰が痛かった・・!5センチプラスしたことで、今は全く腰が痛くなりません。

【ビフォー】壁に囲まれた独立型の暗いキッチン


築31年にしては比較的キレイな状態でしたが、昭和を感じる旧キッチン。
壁に囲まれた独立型のキッチンだったので暗い暗い・・(窓もありません)。

リノベーション前の独立型キッチン リノベーション前の独立型キッチン02

独立型のまま、リビング側の壁に「室内窓を造ろうかな?」とも思いましたが、即却下。
独立型は「料理に集中できる」というメリットもありますが、そもそも料理が嫌いなわたしには向いていません(笑)

【アフター】間仕切&目隠しにキッチンカウンターを造作


画像は解体工事後、床に緩衝材が敷かれ、大工さんが黙々と作業している様子。
手前の木枠が造作カウンターの基礎です。

キッチンカウンターを造作中の大工さん 造作中のキッチンカウンター

1枚目の画像左側に見える壁は元々あったもの(シンク横に間仕切が欲しかったので、残してもらいました)

  • リビングからキッチンが丸見えになるのを避けたい
  • ダイニングテーブルを置きたくない
  • 造作カウンターの裏(キッチン側)に収納スペースを作りたい

の3つが、カウンターを造った理由。

【アフター】システムキッチンはクリナップの『ラクエラ』


シンク側の壁にはサブウェイタイル、造作カウンターの天板は足場板。その下はモルタル仕上げ。

サブウェイタイルを使った壁付けキッチン

↓カウンターの内側にはゴミ箱や家電を置いています。
リビング側からは全く見えず、配膳も楽でホントに便利。

リノベーション後の壁付けキッチン

1. アイアンラックはインテリア性を重視


収納にもなるアイアンラックですが、求めたのはインテリア性。
何をどんな風にディスプレイしようか考えるのが、これまた楽しいんです。

アイアンラックがポイントの壁付けキッチン

2. 全部丸見え!足場板の飾り棚


吊り戸棚の収納力には劣りますが、圧迫感を出したくないので、足場板の飾り棚を設置。
これもかなり使いやすいです。まる見えと言うより、丸見せ。見られることを意識して収納しています。

リノベーション後の壁付けキッチンに設置した足場板の飾り棚

ハンドタオルをここに掛けたのは、無垢の床に水滴が落ちないようにするため。
手を拭くとき、屈まないで済むのも◎です。

壁付けキッチンにして大正解


生活感の出やすい場所なので、機能面だけでなく、空間全体の雰囲気や統一感も気にしながら「見せる・隠す」のバランスを取るのが、キッチン造りのポイント!

リノベーション前の独立型キッチン03 リノベーション工事後のキッチン

おわりに

どんなキッチンにも良し悪しがありますが、わたしは壁付けにして正解でした。
「キッチンは、やっぱり対面式だよね」と、よく言いますが(聞きますが)、そうとは限らないですよ!ということを、知っていただきたい。

RECOMMENDこちらの記事も人気です