yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





見て楽しい飲んで美味しい!赤いスカーフのすまし猫『プシプシーナ珈琲』のあれとアレ

この記事をシェアする

猫のパッケージが目印


香川県にある自家焙煎の珈琲豆屋『プシプシーナ珈琲』。すまし顔の猫(名前は「プシ猫」)のイラストと、レトロ感あるフォントが相まって、絶妙なデザインが目を引くパッケージ。

我が家の定番。プシプシーナ珈琲の水だしコーヒー

夏の定番「水だしコーヒー」


これが美味しいんです、ホント。雑味がなくて、お茶みたいにグビグビ飲めちゃいます。作り方も簡単。

パンチの効いたアイスコーヒーも好きですが、普段飲みには、さらさら〜っと飲みやすいプシプシーナの水出しコーヒーがわたしは好き。 焼酎で割って飲むのもオススメです。

珈琲のお供に「ショウガトウ」


小さなボックスに入った、しょうが(高知産100%)のお菓子。ハコも中身もこれまた可愛い。外はかリッ、中はぷにゅっ、な、ゼリー仕立てで、凝縮されたしょうがの味が◎カラダがホカホカになりますよ!珈琲に並ぶ看板商品。

自分用にもプレゼントにも「山頂のコーヒー」


登山やキャンプなどなど、アウトドアにもってこいの、その名も「山頂のコーヒー」。わたしは思いっきりインドアで飲んでますが、もちろん美味。ちょっとしたプレゼントにもGood!

待ってました!カフェオレベース


牛乳を連想させる、このヴィジュアル。とことんシンプルな佇まいなのに、じわじわ引き込まれるんですよね、さすがプシプシーナ。

猫のイラストが目を引くプシプシーナ珈琲のカフェオレベース

加糖タイプ(てん菜糖)で、ほんのりショコラテイストなお味。普段は無糖が好きですが、これならグビグビ飲めちゃいます。バニラアイスにかけて食べるのも良さそうです。

これまたツボるオリジナルグッズ


これ持って、お風呂に行きたくないですか。

メッセージカードなんですが、本のしおりにいかがでしょう。

名前の由来


「プシプシーナ」は、ムーミンの原作者「トーベ・ヤンソン」が飼っていた黒猫の名前なんだそう。プシプシーナ珈琲のオーナーが飼っている猫ちゃんと似ていたことから、この名前にしたんだとか。

金太郎飴もキュートだし、エコバックのイラストもこれまたいいんです。実店舗にもいつか行きたいな!

RECOMMENDこちらの記事も人気です