注文住宅にもアリ!参考にしてほしいマンションリノベーションの人気アイデア7選

投稿日:

ヨコヤム
これから家づくりをはじめる方に、一度は見て欲しい住まいのアイデア7選をご紹介。この記事を読めば、どんな家(部屋)が自分に合うのか、どんな家にカスタムしたいのか、自ずとヒントが見えてくるハズ!注文住宅、マンションリノベーションを問わず、おすすめのアイデア集です。

自由度の高いフルリノベーション

「あれが欲しい」「これも造りたい」家づくりのスタートには、たくさんのWANTがありますよね。

自由度の高いフルリノベーションの魅力は、間取りや設備などを好みの仕様にカスタマイズできる点にありますが、それゆえに「なかなか決められない」という方も多いかと。

家づくり成功の秘訣はプランニング前にあり

マンションリノベはもちろん、注文住宅や部分的なリフォームなど、これから家づくりをはじめる方に一度はお読みいただきたい、住まいのアイデア7選をご紹介。

1. 小上がりで段差のある生活

小上がりで段差のある生活

出典:Pinterest

戸建・マンションを問わず採用されることの多い小上がり。
マンションであれば、中居室(中和室)を活かすことでコストを抑えられるかもしれません。

ポイント

中居室(中和室)に変化を持たせたい
収納スペースを確保したい
段差を活かして空間に境界線をつくりたい

小上がり以上寝室未満⁈

クローゼットに設けられた小上がりのような寝室

出典:Pinterest

クローゼットの一部を活かしたこの造り。
寝室やワークスペースなど多目的に活用できそうです。

2. Rのある家

Rのある家

出典:Pinterest

「気持ちを和らげる効果」があると言われる曲線(風水的にも良いみたいです)。

ポイント

部屋を広く見せたい
子供のために安全性を重視したい
柔らかくて優しい印象をもたせたい

部屋を完全に仕切るのではなく、上部に開口をもたせたパーテーションも人気アイデアのひとつ。
天井が抜けている&ドアがないので、圧迫感を感じずに空間を間仕切ることができます。

アーチ型のパントリー

出典:Pinterest

パントリーの入り口やドアをアーチ型にした例も多いです(解体前の我が家もキッチンの入口はアーチ型でした)。

アーチ型のドア

出典:Pinterest

3. 明るいインナーテラス

インナーテラスのある部屋

出典:Pinterest

自然光がたっぷりと差し込む空間は見ていて気持ちが良いですよね。
洗濯物を干したりガーデニングスペースにしたり、実用的な使い方をする方も多いです。

ポイント

眺望を楽しみたい
子供の遊び場にしたい
ペットのためのスペースが欲しい

インナーテラスつづきのダイニングキッチン

出典:Pinterest

ダイニングに繋がりをもたせるのも開放感があって◎

4. 現代の土間

インダストリアルな土間玄関

出典:Pinterest

「土間」と言ってもむか〜しの土間(昔ながらの日本家屋など)ではなく、ワークスペースや収納あるいは趣味を楽しむための場所など、用途も様々な土間。

床材を貼らず土足のまま出入りできるので、玄関に取り入れる方が多い印象ですが、リビングそのものを土間にしたり現代の「土間使い」は十人十色!

ポイント

自転車を家の中で保管したい
アウトドアグッズなどの収納スペースが欲しい
汚れを気にせず作業できる場所をつくりたい

土間のあるリビング

出典:Pinterest

こちらは、リビング続きの土間使い。
バルコニーにも繋がるので使い勝手も良さそうなうえインパクトのある空間!

5. 賢い明かりとり

マンションリノベで造る明かりとり

出典:Pinterest

「光を取り入れるための窓=明かりとり」ですが、採光以外にもメリットが多いと感じます(我が家も採用しています)

ポイント

窓のない部屋に光を入れたい
圧迫感のない間仕切りをつくりたい
空間にアクセントが欲しい

壁にガラスブロック

明かりとりにガラスブロックを使った壁

出典:Pinterest

お風呂・トイレ・洗面まわりにおすすめなのが「ガラスブロック」。

丸見えにならず、それでいて明かりを取れるので、窓のない水まわりやユーティリティーにもってこいです(画像のようにニッチを合わせて造るのもいいですよね!)

6. 思い切ってワンルーム

ワンルームにしたマンションリノベーションの事例

出典:Pinterest

「ワンルームといえば、ひとり暮らしでしょ?」いえいえ!そんなことはありません。

ポイント

コストを抑えたい
部屋を広々と使いたい
家族とのコミュニケーションを密にしたい
自然光がたくさん入る明るい部屋にしたい

いかがでしょうか

人気=誰にでも合う訳ではないですが、人気を裏付ける理由が分かれば「どんな家(部屋)が自分に合うのか」「どんな家にカスタムしたいのか」自ずとヒントが見えてくるハズ!

ご紹介した7つの例はまだほんの一部にすぎないですが、イメージのストックはもちろん、自分の好き嫌いを知る要素としてもたくさんの事例を見ておくことは効果的です。

「家づくりのアイデア=プロからの提案」だけではないので「これだ!」と思える家づくりの参考になれば幸いです。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.