中古マンション購入の確定申告。住宅ローン二本立ての控除について

更新日:

ヨコヤム
住宅ローン控除を受けるには、会社員であっても1年目だけは確定申告が必要です。
また、マンションリノベーションでは住宅ローンを二本立てで組む方も少なくありません。そこで今回は、初年度の住宅ローン控除に必要な書類と、わたしたちの実体験をまとめます。
ヨコヤム

こんな方におすすめ

  • マンションリノベーションをした方で家の広さが50平米以上、住宅ローンを10年以上返済する方
  • 物件購入費とリノベーション費用のそれぞれを借入れし、住宅ローンが二本ある方
  • 既存住宅瑕疵保険に加入した方

住宅ローン控除について

住宅ローン控除とは

ヨコヤム
先ずは「住宅ローン控除」について整理しておきましょう。

住宅ローン控除とは

控除される期間は10年間。

既に払い済みの所得税と住民税の金額を上限として、払ったお金が手元に戻ります。

1~10年目の年末時点のローン残高等 1%(最大40万円)

※年間最大で40万円が戻ります
※ローンの総額や年収によって戻る金額は異なります

住宅ローン控除を受けられる要件

住宅ローン控除を受けられる要件は下記のとおりですが、中古住宅を購入した方は、他に4つの要件を満たす必要があります(次項)

要件

  • 住宅取得後6ヶ月以内に入居し引続き居住していること
  • 控除を受ける年の所得が3,000万円以下であること
  • 床面積が50平米以上で床面積の1/2以上が自分の居住用であること
  • 住宅ローンの返済期間10年以上かつ分割して返済すること
  • 民間金融機関もしくは住宅支援機構から提供される住宅ローンを利用していること

中古マンションを購入した人は他にも要件を満たす必要あり

中古住宅を購入した場合は、前述した要件に加えて下記も必要です。

ポイント

  • 耐火建築物である場合、取得日から25年以内に建築されたものであること(※既存住宅売買瑕疵保険に加入、または耐震基準に適合していればOK
  • 耐火建築物以外の場合、取得日から20年以内に建築されたものであること
  • 贈与による取得でないこと
  • 取得日から6か月以内に居住し適用を受ける年の12月31日まで住み続けていること
わたしたちが購入した中古マンションは築31年だったため、住宅ローン控除を受けられるよう既存住宅瑕疵保険に加入しました。詳細は下記の記事にまとめています。
ヨコヤム

住宅ローン控除1年目は確定申告が必要

1年目は確定申告が必要

ヨコヤム
繰り返しになりますが、住宅ローンを利用し始めた最初の年は、確定申告が必要です。

1年目は用意する書類が多く準備に時間がかかるため、早めに必要書類を取り寄せることをおすすめします。

1年目の確定申告と2年目以降は手順が異なる

確定申告1年目は分からないことも多く大変ですが、2年目以降は楽。

初回の確定申告を無事済ませれば、2年目以降は下記の書類があればOK。
ヨコヤム

会社員の方は年末調整の際に、下記の書類を勤務先に提出するだけです。

住宅ローン控除2年目以降の必要書類

  • 給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書
  • 住宅ローンの残高証明書

マンションリノベーション編。住宅ローン控除に必要な書類

【マンションリノベーション編】住宅ローン控除に必要な書類

ヨコヤム
ここではマンションリノベーションをした方向けに、確定申告書で必要な書類をご紹介します。

住宅ローン控除に必要な書類

  1. 源泉徴収票
  2. 住宅ローンの借入金残高証明書
  3. 登記簿謄本
  4. 売買契約書(マンション)の写し
  5. 既存住宅瑕疵保険の証明書(または耐震基準適合証明書)
  6. 工事請負契約書(リノベーション)の写し
  7. 増改築等工事証明書
  8. マイナンバーの本人確認書類

リノベーション費用を住宅ローンで借入れた場合は「増改築等工事証明書」が必要

リノベーション費用を住宅ローンで借入れた場合は「増改築等工事証明書」が必要

出典:refonet

物件購入費とあわせて、リノベーション費用も住宅ローンで借入れた場合は増改築等工事証明書(1号工事〜6号工事)が必要です。
ヨコヤム

リノベーションの工事が終わり、引渡しする際に施工会社へお願いしておくとスムーズ。

また、増改築等工事証明書の発行についても一定の条件があるため、該当するかどうか事前に確認しておくことをおすすめします(例:工事費用100万円以上|床面積50㎠以上 など)

実体験。銀行が○○を忘れ、書類の記入に手間取った

1. 残高証明書が送られてこない

ヨコヤム
前述しましたが、わたしたちが購入したマンションは築31年だったため、そのままでは住宅ローン控除を受けられません。

そのためわたしたちは「既存住宅瑕疵保険」に加入しましたが、銀行はそれを把握していませんでした。

おかげで確定申告に必要な「残高証明書」が自宅に送付されず困った困った……。

銀行に問い合わせると、

ヨコヤムさんのお宅は築年数が古いため、住宅ローン控除は受けられないですよ?

との回答。

やっぱりそうか……。あの保険の存在が認識されていない……と理解したわたしは、

ヨコヤム
「既存住宅瑕疵保険に加入しています。住宅ローン控除を受けられるはずです」と説明。

するとようやく理解いただき、無事に発行してもらうことができました。やれやれ(笑)

2. 計算明細書の記入が難しい

当初は、確定申告に必要な書類をネット上で作成しようと試みましたが、これが非常に分かりにくい……。

ヨコヤム
特に分かり難かったのが「建物と土地の取得対価」の辺りでした。このままではダメだと思い、結局は税務署へ(笑)

税務署で直接「建物と土地の取得対価の出し方が分かりません」と伝えると、

「リノベーションも含めたニ本立てローンの場合は難しいかもね」

と言いながら、隣で税理士さんが全て計算、そして記入してくださいました(ラッキー!)

わたしのように「自分で書類を書くのは無理……」と感じる方は、はじめから税務署に行き、書類作成することをおすすめします。

住宅ローン二本立ての控除と初回1年目の確定申告まとめ

1年目の住宅ローン控除申請は、とにかく面倒です。

我が家は、「住宅ローンが二本立て」「ローン控除を受けるために必要な書類が多い」という点で、余計に疲れました(笑)

マンション購入からリノベーションまで、さまざまな勉強が必要でしたが、確定申告が終わってはじめてマンション購入にまつわるすべての工程を終えられた気がします。

これから「はじめての確定申告」をされる方、くじけず頑張ってください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-住宅ローン

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.