HK Living(エイチケーリビング)に見る北欧モダンとインダストリアル

更新日:

ヨコヤム
HK Living(エイチケーリビング)は、オランダ生まれのインテリアブランド。日本未上陸のため、国内ではあまり知られていませんが、当記事では「インダストリアルに合う北欧モダン」として、HK Livingの魅力とダッチデザインの良さをまとめます。
2018年3月に書いた記事を大幅リライト!情報が一部古いままですが、ご了承ください´д` ;
ヨコヤム

HK Living(エイチケーリビング)とは

HK Living(エイチケーリビング)

出典:HK Living

日本未上陸のインテリアブランド

HK Living(エイチケーリビング)は、2008年にオランダで設立されたインテリアブランド。

プロのアンティークバイヤーだったエミール・ヘッセンさんと、幼馴染のサンダー・クラバーさんが立ち上げました。

ブランド名にある「HK」は、このお二人の頭文字。

比較的新しいブランドではありますが、商品のアインナップ数は多く、ファブリックから家具、キッチンアイテムに至るまで様々あります。

名作家具をインスパイアしたアイテム多数

HK Livingのベニワレン風ラグ

HK Livingのベニワレン風ラグ

HK Livingのおすすめは、名作と言われる家具やインテリア雑貨をインスパイアした商品。

上記は、モロッコラグで人気のベニワレンを彷彿とさせるアイテムです。

ベニワレン風と言えばそれまでですが、これはこれで良いのではないでしょうか(笑)

他にも、ルイスポールセン「PH5」シリーズに似た照明があるなど、○○風ではあれ、遊び心があり面白いです。

メゾン・エ・オブジェ・パリ2018でのブース

「メゾン・エ・オブジェ・パリ」は、パリで開催される世界最大級のインテリア国際見本市のこと。少し古い情報になりますが、2018年に出展したHK Livingのブースを見てみましょう。

2018年はシノワズリー推し

メゾンエオブジェパリでのHK Living

メゾンエオブジェパリでのHK Living

シノワズリーを簡単に説明すると、「西洋で流行った中国風インテリア」でしょうか。

北欧ブランドでありながら、アジアを意識する(取り入れる)HK Living!

このブースでは、主張し過ぎない差し色と、照明の存在感が素敵ですよね。

日本ではあまり見掛けることのないシノワズリーですが、こうして見ると特に違和感はなく日本人にも好まれそうです。

インダストリアルに合うHK Livingの北欧モダン

オランダといえば北欧。

そして、北欧インテリアと聞くと、ナチュラルな色味の木製家具やカラフルな色使いのインテリアというイメージが強いです。

それゆえに、「インダストリアル × 北欧」は一見合わないと思われがちですが、そんなことはありません。

テイストは違えど、インテリアを成立させる要素は結局、「色と素材のチョイス」次第です。

コーヒーテーブル

HK Livingコーヒーテーブル

HK Livingコーヒーテーブル

例えば、このアイテム。

木とアイアンの組み合わせは、ここ数年人気ですが、フレームの細さや天板の厚みは決して無骨すぎず、北欧らしさとインダストリアルな要素が上手くミックスされています。

キャビネット

HK Livingのキャビネット

HK Livingのキャビネット

北欧家具ではあまり見掛けないヴィンテージ加工のアイテムもあります。

北欧らしからぬ北欧家具。これもHK Livingの魅力の一つです。

メタルバースツール

HK Livingのメタルバースツール

HK Livingのメタルバースツール

木製の椅子も良いですが、インダストリアルといえば金属も欠かせません。

モダンな雰囲気も合わせ持ち、やはりこのアイテムもインダストリアルに合う北欧モダンを表現しているように感じます。

HK Livingまとめ

日本で購入できないのが難点ですが、価格もリーズナブルなのがHK Livingの良さ。

ご紹介したアイテムの他に、個人的には木製やガラス製のオーナメントもおすすめです。

HK Livingには、日本製にはない海外インテリアならではの雑貨が豊富にあるため、日本版オンラインをオープンしてもらえないかと強く思う今日この頃。

気になる方はぜひ一度、公式サイトを見てみてください。

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.