yokoyumyumのリノベブログ

マンション買ってリノベーション!ヨコヤムヤムの体験談と自宅の全てを公開中

川湯温泉に現代アート!泊まれる美術館ARtINn(アートイン)極寒藝術伝染装置

投稿日:2019年3月11日 更新日:

硫黄の香りに包まれた旅情たっぷりの川湯温泉

北海道の東・弟子屈町(てしかがちょう)に位置する川湯温泉。

日本でも珍しい「源泉100%かけ流し宣言」をしている温泉街だということをご存知でしょうか。

熱源は、近くにある硫黄山(いおうざん)という火山(弟子屈町では摩周湖に次ぐ観光名所!)ちなみに、川湯温泉を流れる川は温泉です。

鹿オブジェ

ONSEN + ART ≠ STAY

そんなポテンシャル満載の温泉街にあり、ちょっと特殊な宿でもある ARtINn 極寒藝術伝染装置
伝染?装置?なになに?ってな具合に、気になって仕方なかったこのお宿。その魅力と面白さをご紹介します!

ARtINn 極寒藝術伝染装置の看板

ARtINn 極寒藝術伝染装置・壁面アート

アーティストによるハンドメイドなリノベーション

「大工さんにはお願いしてません」と仰る、宿のオーナー今井さん。元は、企業の保養所だった建物を手づくりで改修したんだそう。

ARtINn 極寒藝術伝染装置のオーナー今井善昭さん

弟子屈町で私たちが開催した7days7roomMuseum。
温泉宿の客室がアートな空間へと変貌を遂げた一週間のインスタレーションでした。面白かった。
その後作品は全て撤去され温泉宿の8畳の部屋に戻りました。
何とか継続展示が出来ないかと4年前に古い温泉旅館を譲り受け活動を開始。
http://www.artinn.asia/overview/pg378356.html

Room 壱・弐・参

  • Room 壱
  • Room 弐
  • Room 参

宿泊可能なお部屋は現在3つ。わたしたちが泊まったのは「 Room 壱」

蘭亭序がお出迎え

「 Room 壱」は、リビング・寝室・パウダールームぞれぞれが独立している贅沢なお部屋。とにかく広いです。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・寝室・王羲之(中国の書家)の最高傑作と賞賛される蘭亭序

伴蒼翠氏は日本でトップクラスの若手書家。酔っ払いながら寝室に蘭亭序を書いちゃいました。Room1 of ONSEN + ART ≠ STAY 極寒藝術伝染装置

↑こちらは寝室。
王羲之(中国の書家)の最高傑作と賞賛される蘭亭序が書かれています。圧巻!

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・パウダールーム

↑続いてパウダールーム。
この部屋の背面に、バルコニーへと続くスペースが↓

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・テラス

↓テラスから見える専用露天風呂

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・テラスから見える専用露天風呂

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・専用露天風呂

自噴掛け流し・日本屈指の強酸性

酸性度が非常に高い川湯温泉。

pHはおよそ1.7(1.9だったかな⁈ )酸性度が高いだけあって、金属は錆びていきます。タイルも独特の風合いに(汚れではありません!)。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・内風呂

泉質はなんともストロングですが、実際に入ってみると意外にまろやか(感じ方には個人差あると思います)。

肌が弱い方や、皮膚に疾患のある方は「ピリッ」とするかもしれないですが、そんな方にこそ効果アリアリな温泉だと思います。

部屋へと続くギャラリー

↓靴を脱ぎ、部屋へと向かう途中に突如現るこのロビー。関口恒男さんによる作品「レインボーハット」

関口恒男さんによる「レインボーハット」

↓レインボーハットの奥には「ダークハット」が出現。この部屋の一角には、現在制作中のとある装置があるんです。完成したら是非「体験」してみたい。

関口恒男さんによる「ダークーハット」

↓こちらはライブラリースペース。気になる本があれば、部屋に持ち込んで読むことも可能です(テレビが無いのもこの宿の良いところ)

ARtINn 極寒藝術伝染装置・ライブラリ

↓宿泊部屋のある2Fへ進むと・・野田智之さんによる「宇宙シリーズ」が。

野田智之さんによる「宇宙シリーズ」

これ、動くんです。それがまたシュールで・・!

電源を付けっ放しにすると、宿泊客が寝られなくなるので、見たらすぐにスイッチオフを(笑)

野田智之さんによる作品「宇宙シリーズ」

ね?素敵でしょ!

自虐亀

↑この子は「自虐亀」。どうして「自虐」なのかは、実際に見てのお楽しみ。

極寒アートBar

1Fにあるオープンスペースでは、不定期でバー営業も。

極寒アートBar

お皿も手作り。グラスはバカラ。

オープンスペース

↑↓オープンスペースには、ドラムやピアノがあり(他にも楽器が幾つか)、ゲストによるミニライブや、今井さん × 宿泊客によるセッションがあったりなかったりします(バー営業・ライブ情報は Facebook ページで)。

バーカウンター

オーナー今井さんと宿泊客によるセッション

↓宿の外には、焚き火も。冬は、お酒片手にここで団欒なんて過ごし方も良いですね。

焚き火

飲食街で楽しむ夕食

わたしたちは、今井さんオススメの「味楽寿司」へ。

川湯温泉にある人気の寿司屋「味楽寿司」

川湯出身の大横綱大鵬も通っていたという老舗。今年で43年目になるんだそう。

最近は、外国人のお客さんも増えたそうですが、地元の方はもちろん、本州から来るリピーター客が多いのも特徴。

「味楽寿司」の土瓶蒸し

ちょっと変わったヒト・モノ・コト

こんなにも、

  • アート満載
  • お風呂最高

な宿って、北海道で他にあるでしょうか?

オープン以来、宿泊客の大半は外国の方だそうですがアートな宿に惹かれるのは、外国人に限らないハズ。なのに、なぜ日本人が少ないんだろう?(もったいない!)

設備やサービスにこだわるホテルライフも一つのスタイルですが、ちょっと変わった宿で体感する ヒト・モノ・コトの面白さ を、わたしは今、声高に伝えたい。

ARtINn 極寒藝術伝染装置

http://www.artinn.asia/index.html
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉3丁目2-40

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの実体験をもとに住まいと暮らし・インテリア・北海道のローカル情報を発信中!現在はフリーライターとしても活動しています。詳しいプロフィールは↓おうちマークをクリック

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.