【ARtINn極寒藝術伝染装置】川湯温泉で発見!泊まれる美術館とは

更新日:

ヨコヤム
北海道川上郡弟子屈町にある川湯温泉。温泉街のなかを高温の温泉川が流れる道内有数の温泉地に「泊まれる美術館」があることをご存知でしょうか。
今回ご紹介する「極寒藝術伝染装置」は、毎年2月に開催される「てしかが極寒ARtフェスティバル」のメイン会場にもなっており、館内・館外にはさまざまな現代アートが展示されています。
ヨコヤム

ONSEN + ART ≠ STAY「ARtINn 極寒藝術伝染装置」

ONSEN + ART ≠ STAY「ARtINn 極寒藝術伝染装置」

北海道の東・弟子屈町(てしかがちょう)に位置する川湯温泉は、日本でも珍しい「源泉100%かけ流し宣言」をしている温泉街です。

熱源は、近くにある硫黄山(いおうざん)という火山(弟子屈町では摩周湖に次ぐ観光名所)。ちなみに、川湯温泉を流れる川は温泉です。

  • ARtINn 極寒藝術伝染装置の看板
  • ARtINn 極寒藝術伝染装置・壁面アート

そんなポテンシャル満載の温泉街にあり、ちょっと特殊な宿でもある ARtINn 極寒藝術伝染装置 。ここからは、この宿の魅力と面白さに迫ります。

アーティストによるハンドメイドなリノベーションで作り上げた宿

アーティストによるハンドメイドなリノベーションで作り上げた宿

ARtINn極寒藝術伝染装置のオーナー今井善昭さん

極寒藝術伝染装置をオープンするにあたり、「大工さんにはお願いしてません」と、仰る宿のオーナー今井さん。元は、企業の保養所だった建物をハンドメイドで改修したんだそう。

弟子屈町で私たちが開催した7days7roomMuseum。
温泉宿の客室がアートな空間へと変貌を遂げた一週間のインスタレーションでした。面白かった。
その後作品は全て撤去され温泉宿の8畳の部屋に戻りました。
何とか継続展示が出来ないかと4年前に古い温泉旅館を譲り受け活動を開始。
引用:極寒藝術伝染装置

1600坪の敷地にたった3室しか無い客室

1600坪もの敷地がある極寒藝術伝染装置ですが、宿泊可能な客室は現在たったの3つ。Room 壱・弐・参とあり、わたしたちが泊まったのは「 Room 壱」でした。

  • Room 壱
  • Room 弐
  • Room 参

「 Room 壱」は蘭亭序がお出迎え

「 Room 壱」は蘭亭序がお出迎え

王羲之(中国の書家)の最高傑作と賞賛される蘭亭序

「 Room 壱」は、リビング・寝室・パウダールームぞれぞれが独立しており、とても広いです。上記は寝室。王羲之(中国の書家)の最高傑作と賞賛される蘭亭序が書かれています。圧巻!

伴蒼翠氏は日本でトップクラスの若手書家。酔っ払いながら寝室に蘭亭序を書いちゃいました。
引用:湯上がりに専用バルコニーで飲むビールは特別。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・パウダールーム

Room 壱のパウダールーム

続いてパウダールーム。この部屋の背面に、バルコニーへと続くスペースがあります。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・テラス

Room 壱のバルコニー

こちらは、バルコニーから見える専用露天風呂。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・テラスから見える専用露天風呂

バルコニーから見える専用露天風呂

極寒藝術伝染装置の貸切温泉露天風呂は自噴掛け流し

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・内風呂

内風呂の様子

酸性度が非常に高い川湯温泉は日本屈指の強酸性。

pHはおよそ1.7で、酸性度が高いだけあり金属は錆びていきます。タイルも独特の風合い※汚れではありません。

泉質はなんともストロングですが、実際に入ってみると意外にまろやか。肌が弱い方や皮膚に疾患のある方は「ピリッ」とするかもしれないですが、そんな方にこそ効果のある温泉だと思います。

極寒藝術伝染装置の館内の様子

関口恒男さんによる「レインボーハット」

関口恒男さんによる「レインボーハット」

靴を脱ぎ、客室へと向かう途中に突如現るこのロビー。こちらは関口恒男さんによる作品「レインボーハット」です。

レインボーハットの奥には「ダークハット」が出現。この部屋の一角には、現在制作中のとある装置がありました。

関口恒男さんによる「ダークーハット」

関口恒男さんによる「ダークーハット」

下記はライブラリースペース。気になる本があれば、部屋に持ち込んで読むことも可能です(客室にテレビはありません)。

ARtINn 極寒藝術伝染装置・ライブラリ

宿泊部屋のある2Fへ進むと……野田智之さんによる「宇宙シリーズ」が!

野田智之さんによる「宇宙シリーズ」

野田智之さんによる「宇宙シリーズ」

一見、オブジェのように見えますが、動きます。その様子が実にシュール……! 音が大きく電源を付けっ放しにすると、宿泊客が寝られなくなるため、見終えたらすぐにスイッチオフにしましょう(笑)

野田智之さんによる作品「宇宙シリーズ」

ね? 素敵でしょ!

館内には「極寒アートBar」も

極寒アートBar

お皿も手作り。グラスはバカラ。

1Fのオープンスペースでは、不定期でバー営業もあります。

オープンスペース

オープンスペース

オープンスペースにはドラムやピアノがあり、ゲストによるミニライブや、今井さん × 宿泊客によるセッションがあったりもします(バー営業・ライブ情報は Facebook ページで)。

バーカウンター

バーカウンター

オーナー今井さんと宿泊客によるセッション

オーナー今井さんと宿泊客のセッション

川湯温泉での夕食は「味楽寿司」へ

川湯温泉にある人気の寿司屋「味楽寿司」

川湯温泉にある人気の寿司屋「味楽寿司」

極寒藝術伝染装置では、食事付きのプランがないですが、宿周辺にはさまざま飲食店があるため心配要りません。

わたしたちは、今井さんおすすめの「味楽寿司」へ!
味楽寿司は、川湯出身の大横綱大鵬も通っていたという老舗。今年で43年目になるそうです。

「味楽寿司」の土瓶蒸し

「味楽寿司」の土瓶蒸し

最近は、外国人も増えたそうですが、地元の方はもちろん、本州から来るリピーター客が多いのも特徴のお店。新鮮なネタはどれも美味で、お酒がつい進んでしまいます。

泊まれる美術館「極寒藝術伝染装置」まとめ

ARtINn 極寒藝術伝染装置・Room 壱・専用露天風呂

こんなにも、アートが満載でお風呂も最高な宿が、道内で他にあるのでしょうか。

オープン以来、宿泊客の大半は外国の方だそうですがアートな宿に惹かれるのは、外国人に限らないはず。にも関わらず、なぜ日本人が少ないのでしょうか。もったいない!

設備やサービスにこだわるホテルライフも一つのスタイルですが、ちょっと変わった宿で体感する ヒト・モノ・コトの面白さを、わたしは今、声高に伝えたい。

ARtINn 極寒藝術伝染装置

http://www.artinn.asia/index.html
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉3丁目2-40

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.