中古マンション × リノベーション事例紹介「yokoyumyumのリノベブログ」ヨコヤムヤム編

投稿日:2018年10月11日 更新日:

ヨコヤム
「インテリアから見る暮らしのカタチ。暮らしかたに学ぶリノベ術」をヨコヤムヤムが紐解いていくインタビュー企画。一発目は、わたくしヨコヤムヤムからスタート!

Q1. 「ヨコヤムヤム」の自己紹介

リノベーション実例インタビュー001

あらためまして!リノベブロガー @yokoyumyum です。音楽をこよなく愛す夫(40代)と夫婦ふたり暮らし in 札幌。2018年10月に会社員生活を卒業し、フリーランスに転身しました。座右の銘は「好きこそ物の上手なれ」。

Q2. リノベを決めた理由

「決められた間取りじゃ、面白くない。」というのが理由です。マンションは大体どこも似た間取り。新築であれ「引っ越しするだけ」なら賃貸のままでいい・・と思ったんです。どうせ買うなら自分好みにカスタムしたい!と。

Q3. リノベーションのテーマ

コンクリート・鉄・無垢木の「マテリアルミックス」。シンプル以上コテコテ未満を心掛けました!

Q4. 施工はどちらに?

札幌に本社を構える リヨ・デ・ホーム さん。性能はもちろん、北欧系からインダストリアルまで、デザイン性の高さに定評のあるハウスビルダーです。

Q5. 間取りのビフォーアフター

RE住むマガジン掲載・ヨコヤムヤムの部屋
出典:音楽好きのふたりが暮らす、インダストリアルな空間

3LDK を 2LDKに。リノベーション後の間取りがこちら。

Q6. 広さとリノベーション予算

63平米・820万円
リフォーム済みの物件でしたが、部屋の全てを解体後、フルリノベーション!

Q7. リノベした家のココが好き

(1)室内窓・DJブース・見せる収納・アイアンラックのあるリビング

室内窓を取り入れたリノベーション後のリビング

リビングがいちばんのお気に入りです。抜け感を求めて造った室内窓に、DIYしたDJブース。1000枚以上を収める足場板のCDラックと、天井から吊るしたアイアンラック。どれもリビングのアクセント!

室内窓のメリット・デメリットとは? 目的別活用事例を徹底解説
室内窓のメリット・デメリットとは? 目的別活用事例を徹底解説

フルリノベーションを機に、コンクリートの現し天井やDJブース、天井から吊ったアイアンラックなど、リビングに複数のアクセントを盛り込んだ我が家ですが、少しでも空間を広く明るく感じられるよう考えたのが、今回ご紹介する「室内窓(インナーウィンドウ)」でした。

続きを見る

壁面収納がおすすめ。リノベーションでDJブースをリビングに!

リノベーションをする際「DJブースの設置はリビングがマスト」と決めていた理由はとてもシンプル。友達と一緒に宅飲みする機会も多いので、好きな音をセレクトしながらお酒を飲みたいじゃないですか(笑)あとはなるべく広い空間で音を出したい(楽しみたい)から!

続きを見る

(2)コンクリートの表し天井

リノベーションで表しにしたコンクリート天井

「マンションだからこそ実現できる天井」ですもんね。異素材ミックスがテーマなので「コンクリート天井」はリノベーションの必須条件でした。

素材感が活きる!スケルトン天井コンクリート現しのメリット・デメリット

コンクリートの表し天井にした我が家。壁や床と同じく天井も部屋を印象付ける大事な要素なんです!

続きを見る

フックがあれば大丈夫。ダクトレール(ライティングレール)と天井インテリア

ハンギング用フックに変換ソケット。そしてコンセントプラグまで!天井インテリアを最大限に楽しめるダクトレール(ライティングレール)の便利さについてご紹介。

続きを見る

Q8. リノベした家のココが嫌い

(1)ダクトに巻かれた断熱材

「そのままのほうがカッコイイのに!」と何度思ったコトか・・。せっかく表しにしたものの、なんだかブサイク。断熱材を巻かないと「結露」する可能性があるのは分かりますが、この見た目はいただけない。

(2)洗面台まわり

リノベーション後の洗面台まわり

「広々としたホテルライク」な洗面台&ユーティリティを実現するには予算も広さも全く足りず(泣)でもって大きな電気温水器を置かねばならず、このスペースは既存の広さ・間取りのままです。リノベーション後に「ユニット洗面台」をDIYしました↓

DIYしたユニット洗面台
ユニット洗面台はイヤ!ダサいミラーキャビネットを既製品以上・造作未満にリメイク

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

続きを見る

おわりに

制限を楽しむリノベーションは、工夫やアイデア次第で、その価値がぐっと向上します。妥協と冒険の家づくりとも言えるリノベーション。最高にエキサイティングな体験でした!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-取材|お宅訪問
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.