リノベーションブログ・実例紹介「yokoyumyumのリノベブログ」ヨコヤムヤム編

投稿日:2018年10月11日 更新日:

気になるみんなのリノベ事情

「インテリアから見る暮らしのカタチ。暮らしかたに学ぶリノベ術」をヨコヤムヤムが紐解いていくインタビュー企画。一発目は、わたくしヨコヤムヤムからスタート!

リノベーション実例インタビュー001

Q1. 「ヨコヤムヤム」の自己紹介

あらためまして!リノベブロガー yokoyumyum です。
音楽をこよなく愛す夫(40代)と夫婦ふたり暮らし in 札幌。2018年10月に会社員生活を卒業し、フリーランスに転身しました。座右の銘は「好きこそ物の上手なれ」。

Q2. リノベを決めた理由

「決められた間取りじゃ、面白くない。」というのが理由です。
マンションは大体どこも似た間取り。新築であれ「引っ越しするだけ」なら賃貸のままでいい・・と思ったんです。どうせ買うなら自分好みにカスタムしたい!と。

Q3. リノベーションのテーマ

コンクリート・鉄・無垢木の「マテリアルミックス」。シンプル以上コテコテ未満を心掛けました!

Q4. 施工はどちらに?

札幌に本社を構える リヨ・デ・ホーム さん。性能はもちろん、北欧系からインダストリアルまで、デザイン性の高さに定評のあるハウスビルダーです。

Q5. 間取りのビフォーアフター

3LDK を 2LDKに。リノベーション後の間取りがこちら↓

RE住むマガジン掲載・ヨコヤムヤムの部屋
出典:音楽好きのふたりが暮らす、インダストリアルな空間

Q6. 広さとリノベーション予算

63平米・820万円
リフォーム済みの物件でしたが、部屋の全てを解体後、フルリノベーション!

Q7. リノベした家のココが好き

(1)室内窓・DJブース・見せる収納・アイアンラックのあるリビング

リビングがいちばんのお気に入りです。
抜け感を求めて造った室内窓に、DIYしたDJブース。1000枚以上を収める足場板のCDラックと、天井から吊るしたアイアンラック。どれもリビングのアクセント!

室内窓を取り入れたリノベーション後のリビング

(2)コンクリートの表し天井

「マンションだからこそ実現できる天井」ですもんね。異素材ミックスがテーマなので「コンクリート天井」はリノベーションの必須条件でした。

リノベーションで表しにしたコンクリート天井

Q8. リノベした家のココが嫌い

(1)ダクトに巻かれた断熱材

「そのままのほうがカッコイイのに!」と何度思ったコトか・・。せっかく表しにしたものの、なんだかブサイク。断熱材を巻かないと「結露」する可能性があるのは分かりますが、この見た目はいただけない。

(2)洗面台まわり

「広々としたホテルライク」な洗面台&ユーティリティを実現するには予算も広さも全く足りず(泣)でもって大きな電気温水器を置かねばならず、このスペースは既存の広さ・間取りのままです。

リノベーション後の洗面台まわり

リノベーション後に「ユニット洗面台」をDIYしました↓
ユニット洗面台はイヤ!ダサいミラーキャビネットを既製品以上・造作未満にリメイク

おわりに

制限を楽しむリノベーションは、工夫やアイデア次第で、その価値がぐっと向上します。妥協と冒険の家づくりとも言えるリノベーション。最高にエキサイティングな体験でした!

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.