プラスチック家具のパイオニア Kartellカルテルが札幌円山にオープン!

投稿日:2019年3月6日 更新日:

イタリアの老舗ブランドKartell(カルテル)

イタリアの老舗家具ブランド「Kartell(カルテル)」が、遂に北海道初上陸。

数年前までは、複数の代理店が販売していましたが、2016年にトーヨーキッチンスタイル(本社・愛知県)が独占輸入販売の契約を締結。

Kartell(カルテル)オフィシャルショップ札幌・外観

だからなのか!

札幌店の運営会社は「北王(本社・北海道帯広市)」と聞いていたので、なぜ?と思っていましたが、トーヨーキッチンが総代理店ですもんね。ハウスメーカーが運営するのは自然なコトなのかも。

PLUS ALPHA(プラスアルファ)ショールーム跡地

カルテルが出店するまでこの場所は、札幌のデザイン会社「イシズキ」が運営するリノベーションブランド「 PLUS ALPHA(プラスアルファ)」のショールームでした。

プラスアルファ移転のニュースと、ほぼ同時期に知ったカルテルの札幌上陸。「もしかして、カルテルが入るのはあの場所かも」という予想は的中。

余談ですが、

PLUS ALPHA(プラスアルファ)

は、札幌のリノベ会社の中でも「高額」に分類されるリノベブランド。流行りに左右されないスタイルで、家具やインテリアまでを含めたコーディネート&設計をしています。

リノベーションよりも、店舗デザインのほうが実績としては多そうですが、高額リノベの事例を、個人的にはもっと見たい(笑)

本題に戻ります!

不朽の名作コンポニビリ

我が家も長年お世話になっているカルテルの定番商品「コンポニビリ」。

カルテル・コンポニビリ

オリーブがあるなんて!今回初めて知りました。ホワイトを寝室で使っていますが、オリーブも欲しい&ネイビーも捨てがたい。

カルテルといえばフィリップ・スタルク

こちらも有名な「マスターズ」。

  • セブンチェア(アルネ・ヤコブセン)
  • チューリップチェア(エーロ・サーリネン)
  • シェルチェア(チャールズ&レイ・イームズ)

↑どれも超有名な名作椅子のフォルムをミックスさせたマスターズ。肝心の背もたれが写ってないですが・・こちらもカラバリ豊富!

カルテルの椅子・マスターズ

エミリオ・プッチとのコラボ

画像にはないですが、エミリオ・プッチとコラボした椅子も展示されていました。このコラボもフィリップ・スタルクがアレンジしたんだとか。エミリオ・プッチらしく、ビビッドな配色が目を引く一脚でした。

ガラスのようなプラスチック

ガラスのようでガラスではないJellies Family(ジェリーズファミリー)のテーブルウェア。違うと分かっていても、ガラスに見えるから凄い。左に見えるマットな質感のうつわたちはTRAMA(トラマ)という名のアイテム。

カルテルの食器

透け感が可愛いコートハンガー

うつわを壁に展示?と思いきや、コートハンガーだったという驚き。傘を掛けたり、マフラーを掛けたり、これ可愛くないですか!

カルテルのコートハンガー

ヨコヤムヤムが気になるアイテム

↓ウネウネしまくりのブックシェルフ。インテリア性抜群。

カルテルのブックシェルフ

↓ディフューザー(手前)の奥に見えるアロマキャンドル。キャンドルはどれも大きくて、とっても良い香りでした。プレゼントに良いかも!

カルテルのアロマキャンドルとディフューザー

↓中段・左奥に見える新作の「Air Du Temp」も好き。そのお隣の「Crystal Palace」もポップでキュートですよね。

カルテルのインテリア雑貨

トーヨーキッチンスタイルの新作

ショップの2Fでは、トーヨーキッチンスタイルの新作「CUBE(キューブ)」も見られます。ありそうでなかったキューブ型のシステムキッチン。「アイランド型は場所を取る」と思っていましたが、これならそれも解消できそう。

トーヨーキッチンスタイルのシステムキッチン・キューブ

出典:TOYO KITCHEN STYLE

おわりに

ショップ入口にズラリと吊られた大きなランプ(FL/Y)を下からパシャり。大小それぞれ重なりあって素敵でした。

カルテル・照明

路面店だけに、これまでカルテルを知らなかったという方にも認知されそうな札幌のオフィシャルショップ。円山を散歩しがてら覗いてみてはいかがでしょうか!

カルテルショップ札幌
札幌市中央区大通西20丁目1-6
011-676-5112

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.