小型サーキュレーターが温度差も解消!ボルネード気化式加湿器

更新日:

ヨコヤム
超音波式加湿器を卒業し、今季は「気化式加湿器」へシフトした我が家。今回は、「VORNADO(ボルネード)」を選んだ理由と実際に使ってみた感想、そして数種類ある加湿器のメリットデメリットについてまとめます。

サーキュレーターの王様「VORNADO(ボルネード)」

サーキュレーターの王様「VORNADO(ボルネード)」

ボルネードの卓上ファン(左)と気化式加湿器(右)

独自の竜巻技術に定評のあるボルネード
高機能なサーキュレーターが欲しいと比較検討する際、必ずや登場するであろうブランドの一つだと思います。

また、画像にあるスツールに乗せて使っているのは、同じくボルネードのシルバースワン
クラシカルなデザインに一目惚れでしたが、機能も言うことなし! 金属の羽根のおかげで弱でも強力な風を届けてくれます

【ボルネード卓上扇風機】レトロデザインな「シルバースワン」が美しい!
【ボルネード卓上扇風機】レトロデザインな「シルバースワン」が美しい!

高性能なうえにデザイン性もGoodなボルネード社から、メタリックかつアールデコスタイルな卓上扇風機「シルバースワン」が登場しました。この記事では、実際にシルバースワンを使ってみた感想とメリットデメリットをまとめています。

続きを見る

超音波式加湿器から気化式加湿器へ

  • ボルネード気化式加湿器EV100-JPのパッケージ
  • リビングに置いたボルネード気化式加湿器EV100-JP

他社にはあまりない「サーキュレーター内蔵機能」と自動運転機能に惹かれ、今季はボルネードにチェンジした我が家。

「超音波式加湿器」から「気化式」へ変更した理由は、それぞれの違いをご覧いただくとお分かりいただけると思います。

加湿器の違いとそれぞれのメリットデメリット

熱源とホワイトダストの有無がポイント

「どのタイプの加湿器を選べば良いのか悩む……」という方は少なくないと思いますが、ポイントは熱源とホワイトダストの有無だと思っています。

1. スチーム式のメリットデメリット


スチーム式は、ヒーターで水を加熱して蒸気を出す仕組み。蒸気による温かさと加湿のダブル効果がありますが、熱源があるため電気代は高めです。

  • 熱を使うので加湿能力が高い
  • 煮沸されるためスチームの安全性が高い
  • ホワイトダストが出ない(蒸発皿に残る)
  • 消費電力が高い
  • 倒してしまった時などに火傷の可能性あり

2. 気化式のメリットデメリット

気化式は、フィルターを水で湿らせ、そこにファンで風をあてて気化させる仕組み。熱源がないため、電気代が安く済むほかホワイトダストが出ないのもメリットです。

  • フィルターを通すためクリーンな空気が出る
  • 消費電力が低い
  • コンパクトなサイズが少ない
  • フィルターの定期的な交換が必要

3. 超音波式のメリットデメリット


超音波式は、水を超音波で振動→微粒子に変え、それをファンで噴き出す仕組みです。

  • 加湿スピードが早い
  • コンパクトでデザインも豊富
  • アロマを使えるものが多い
  • 電気代が安い
  • ホワイトダスト(白い粉)が出る
  • こまめなメンテナンスが必要(放置すると雑菌をバラまくことになる)

ボルネードEV100-JPのココが凄い

ボルネードEV100-JPのココが凄い

サーキュレーター内臓のボルネード気化式加湿器EV100-JP

さすがサーキュレーター内蔵!

暖房を付けるときは、これまで必ず「Stadler Form(スタドラーフォーム)」のチャーリースイングファンを回していましたが、ボルネードを使うようになってからは、このファンを使わなくても、上下の温度差は感じなくなりました。

また、給水容量が3.8リットルというのも嬉しいポイント。それゆえに、まずまずのサイズ感ですが、丸いフォルムのため場所を取られるという感じはしません。

ポイント

  • 室内の上下の温度差が緩和される
  • 40〜60%まで湿度調整可能
  • 電気代が気にならない(弱運転1時間 約0.3円)
  • 1回の給水で24時間連続運転可能
  • アロマオイル使用可能

ボルネードEV100-JPのココが残念

音またはランプ点滅などで給水を知らせてくれると有難いのですが……慣れれば平気!

また、寝室に置くときは「弱」でないと音が気になって寝られないかもしれません。他に、マットブラックやグレーがあると個人的には嬉しいです(笑)

  • 給水を知らせてくれる機能がない
  • 運転を「強」にした時は音が気になる
  • カラバリが他にもあると嬉しい

ボルネード サーキュレータ搭載 気化式 EV100-JP

もっと詳しく

人の身体にも無垢の床にも加湿は大切

人の身体にも無垢の床にも加湿は大切

我が家のリビング

自宅をフルリノベーションした際、LDKはすべてナラ無垢材のフローリングにした我が家。

北海道という土地柄、冬は暖房を付けっ放しのため、そのあいだは当然湿度も下がります。

木が乾燥するのは仕方ないとしても、湿度の低い状態が長く続くと「無垢木」には良くありません。隙間が開くだけならまだしも、反りや割れが出てしまっては大変!

そのため、加湿は人だけでなく「無垢床にも大切」ということを、ここ数年実感しています。無垢フローリングの家こそ実は、高機能な加湿器選びが必要なのではないでしょうか!

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-買ってよかったもの
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.