格安SIMが節約への道。ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた5つの理由

投稿日:2018年12月29日 更新日:

固定費の見直しが節約の第一歩

と、分かってはいても・・「格安SIMって大丈夫なの?」という漠然とした不安があり、変更せずにいましたが、ようやく重たい腰を上げ毎月のスマホ代にメスを入れました。

格安SIM

格安SIMの選び方

今や200、いや500社?とも言われる格安SIM会社。こう聞いただけで「比較検討」の4文字は頭から消え去り「正直、どれを選んでいいのか分からない・・」という状態でしたが

  • 格安SIMを使っている友人・知人へ質問をする
  • 格安SIMを扱う店舗で直接問い合わせてみる

という超アナログ方式で情報収集したわたし。

実際に使っているユーザーの声は役に立つ

ネットも親切丁寧かつ詳細に書かれた記事がたくさんヒットしますが、文字数が多過ぎて・・(笑)わたしは読む気になれないため、店頭で直接あれこれ聞いてスッキリさせました(中には親切に他社のことも詳しく教えてくださるスタッフの方もいらっしゃいました)。

LINEモバイルを選んだ理由

  • SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)のデータ通信料が無料※外部リンクは対象外
  • 5GBで月額¥3,000以下(わたしの希望は5GB以上)
  • 通信速度が最速
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる
  • 無料でデザリングが可能

なんと言ってもSNSのデータ通信料が無料になる「データフリー」がLINEモバイル最大の魅力かと!

LINEモバイルの魅力・データフリー

速度制限後も対象アプリはサクサク動く

通信上限に達してしまった場合(データ容量を使い切ってしまった場合)は、200kbpsの速度制限がかかりますが、データフリー対象のアプリは制限後でも高速通信できるメリットがあり。

テザリング経由もデータフリー対象

データフリーを提供する格安SIMは他にもありますが、LINEモバイルのデータフリーはテザリング経由も対象となるのが長所!

LINEモバイルの短所

  • 10GB以上の容量プランがない
  • キャリアメールが使えない
  • ショップがない(新規申込などは一部のヨドバシカメラなどで手続き可能)
  • 高速/低速の切り替え不可
  • 9,800円の解約金が発生する(13ヶ月間の最低利用期間あり)

短所と書いてはいますが、わたしは特にデメリットに感じていません。キャリアメールは元々あまり使っておらず、解約金にも慣れています(笑)

LINEモバイルを実際に使って感じること

結論から言うと格安SIMに乗り換えたことを忘れるくらい違和感がありません。つまり、快適。

これには正直びっくりです。通信速度が気になることもありません。申込はヨドバシカメラでお願いしたので、1時間くらいで終わり切り替えもスムーズでした。

もっとややこしいと思い込んでいた格安SIMへの乗り換えでしたが、拍子抜けするくらいあっさり(笑)これから乗り換えを検討している方はぜひ、LINEモバイルもチェックしてみてください。

ヨドバシカメラなどで手続きをする際は、下記の4つをお忘れなく!

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • メールアドレス

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

【リノベーション失敗談】ちょっと後悔!諦めた造作洗面台と冷蔵庫問題 1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。今回は、リノベーションで後悔したことや失敗談をまとめます。みなさんが同じ経験をしないで済むよう……是非この記事を参考にしてください。

独身女性 2

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消、そして家賃とローンの総額を考えた結果だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方は、どうかと思うと強く言いたい。

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

-暮らし
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.