yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





一眼レフCanon EOS Kiss X7をフル活用!インスタグラムで挑む『我が家の毎日インテリア』

この記事をシェアする

愛用中の『Canon EOS Kiss X7』


一眼レフ初心者はもちろん、プロの方にも愛用者が多い『Canon EOS Kiss X7』。「世界最小・最軽量の一眼レフカメラ」だけあって、持ち運びも楽で、何より撮りやすいです。

習うより慣れろ


「写真を上手く撮るには?」の前に・・まずは、カメラに慣れないと話になりません。わたしは、完全にド素人からのスタート。「絞り」や「シャッター速度」などなど、はじめは何もかもがチンプンカンプンでした。

一眼レフ初心者が選んだCanon EOS Kiss X7

嫌でも上手くなるコツ

って、何だろう?と考えたとき、やってみようと思ったのが「テーマを決めて毎日撮ってみる」ことでした。

テーマは自宅のインテリア


これっきゃない!と言いますか、ブログのためにカメラを買ったので(笑)ココを撮らずしてどこを撮る?ってな訳です。撮った画像はInstagram(インスタグラム)』で公開しています。
@yokoyumyum • Instagram 

毎日撮って毎日投稿

レンズは「単焦点」

部屋全体を撮ることもあれば、家具やインテリア、植物や本などなど、日々の生活にもリンクさせながら「撮っては投稿」の繰り返しです。わたしは主に「Avモード(絞り優先)」で撮っています。

旅先のお供にCanon EOS Kiss X7
※画像は標準レンズ

' 365 Days of Interior ' インスタグラムで公開中

タイトル通り、365日・365回撮る(投稿する)のが目標です。自宅が被写体なので、当初は「ネタ切れしそう・・」と不安に感じましたが、なんだかんだ続けられています!

100日続けて気が付いたコト


カメラ編

  • 朝と晩1日2回撮るのがベスト
  • 照明によって「ホワイトバランス」を使い分ける

朝は自然光、夜は室内の照明を頼って・・という具合に撮り分けると、写真の雰囲気が違って面白いです(個人的には自然光で撮る写真の方が好き)。

白熱電球や白熱蛍光灯、その他に曇りや日陰など、室内の照明や、光の入り具合によってホワイトバランスを変えると、写真の仕上がりに差を付けられます。

 

インスタ編

  • 室内画像は「引き」の方が「いいね」されやすい
  • テーマを統一させたことによってフォロワー急増

被写体によって、寄り引きを使い分けますが、テーマが「家」なだけに、「部屋全体」が分かる画像(引きの写真)の方が、圧倒的に「いいね」は付きやすいです。

また、テーマを統一して投稿する方が、フォロワーは増えます。以前は、あれこれ好きなものをランダムに投稿していたので、この違いには驚きです。

Canon EOS Kiss X7で撮影したリビング

ブログ編

  • アイキャッチ画像に困らない

普段撮る写真とブログのテーマ次第ですが・・。わたしの場合は、ブログもインスタも、ともに「家」がテーマなので、インスタに投稿した画像を、ブログにもどんどんアップします。

これが本当に便利!Pixabayなどのフリー画像に頼ることが、ほとんど無くなりました。

買ってよかった一眼レフ


「リノベ工場中に持っていれば、どんなによかったことか」と後悔しても遅いですが(笑)そのくらい「早く買っておけばよかった」と思っています。

まだまだ「使い方にやっと慣れてきた・・」というレベルですが、撮るのが楽しい&ブログに大活躍なので、これからもじゃんじゃん撮っていこうと思います。

RECOMMENDこちらの記事も人気です