yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





南向き最強説。マンション選びの素朴な疑問「西向きリビングって実際どうなの?」

この記事をシェアする

バルコニーが西向きのマンション


2LDKの我が家。3つの大きな窓(間取り図・下)は、全て西向きに並んでいます。

リノベーション後の間取り・西向きリビング

リビング&寝室以外(玄関・トイレ・お風呂)に窓はなく、角部屋だというのに、北側(間取り図・左)にも窓はありません(泣)

午前中は「間接光」午後は「直接光」


我が家の朝は少し暗め(間接光)ですが、部屋の明るさには

  • 直接、日を当てて明るくする「直接光」
  • 間接的に日を取り込み明るくする「間接光」

の2種類の光があり、西向きの場合は

  • 午前中「間接光」
  • 午後からは西日が「直接光」

として光が部屋に入るため明るくなります。

西向きリビング・西向きマンション午前中の明るさ

賃貸時代は、寝室が東向きだったため、はじめのうちは「気分良し!」と思っていましが、夏の間は「暑い」と感じて起きることが多かったような・・。(札幌とはいえ、真夏ともなれば湿度も高く、蒸し蒸しする日が続きます(本州に比べれば楽勝ですが(笑)

夏は西日が暑いのでは?

それが、そうでもないんです。これは「窓の造り」が左右します。不安に思う方は、

  • 遮光/遮熱カーテンを使う
  • 複層ガラスにする
  • ガラスフィルムを使う

工夫次第で改善できるかと。

南向き最強説


マンション購入時に「気になることトップ5」入りするであろう、日当たり問題。南向きの部屋が高いこともあるので、人気なのは昔も今も変わらないとは思います。

が、南向きゆえのデメリットもありますし、「日照時間」という点では、北向きを除いてほとんど変わりません。

後付けできないマンションの窓


占有スペースと勘違いする方が多いですが、玄関や窓は共用部分!(玄関の内側・二重窓なら内側サッシまでは、リフォームなどで手を加えてもOK)当然、あとから窓を設けるなんてことは不可能です。

日当たりに不安を感じる場合は、リフォームで「明かりとり」を入れてみたり、間取りを変えてみるのもひとつの手です。(↓我が家も、リビングと寝室の間に「室内窓」を造りました)

明かりとりの役割も果たす室内窓

また、東西南北の話から少し逸れますが

共用廊下(マンション内の通路)側に面する窓

マンションの造りによっては、リビング以外の部屋の窓が、マンションの通路(廊下)側に面している間取りも多くあります。

採光・風通しという面では良いですが、通行人の視線・プライバシーの面では気になりますよね。「リビング(バルコニー)の向きと窓問題」は、よくよく確認した上で物件選びしてください!

おわりに

「南向きが一番良し」とされがちな日当たり問題ですが、「南向き以外は住みにくい」ということではありません。

西向きマンションを選んだわたしたちですが、はじめも今も「特に不満なし」です。マンション選びは、そこに求める条件(立地や生活のしやすさなど)をいかに満たすか、のほうが大切な気がします。

RECOMMENDこちらの記事も人気です