yokoyumyumのリノベブログ

ライフスタイルリフォームアドバイザー 『ヨコヤムヤム』がお届けする、マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ。

必見!日本で唯一の模擬坑道と " 未完リニューアル " の謎『夕張市石炭博物館』

炭鉱の町「バリバリ夕張」


「夕張といえばメロン」という印象ですが、
かつては「国内最大級の炭鉱の町」として栄えたことをご存知でしょうか。

全面リニューアルした夕張市石炭博物館

2018年4月『夕張市石炭博物館』全面リニューアルオープン

明治・大正・昭和・平成と100年続いたのち、
1990年に最後の炭鉱が閉鎖され、2007年に財政破綻した夕張市。

そんな夕張の「炭鉱の町」としての歴史やその世界を学べる場所として、今年の春、2年に渡る全面改修工事を終えた「夕張市石炭博物館」をご紹介したいと思います。

博物館に見る夕張の意気込み


入場無料の1階スペースを抜け、
↓2階(有料)へ進むと目に飛び込んでくるキャッチコピー。

夕張市石炭博物館に展示されている夕張市のキャッチコピー

「全国最低の行政サービス」
「全国最高の市民負担」
「リスタート」など、夕張市のありのままを表す展示。潔い・・!

パネルで学ぶ夕張の歴史

その他にも2階スペースには

  • 北海道の開拓
  • 採炭全盛期の夕張
  • 財政破綻

などなど、それぞれの時代がパネルで展示されています。

夕張市石炭博物館で見られるパネル展示炭鉱で栄えた時代の道具たち炭鉱の町として栄えた夕張市の歴史

いちばんの見どころは模擬坑道 


2階を経て、模擬坑道へ進みます。

夕張市石炭博物館・模擬坑道への入口

1. まずは地下坑道展示室

蝋人形がズラリ。
明治時代から昭和時代までの探鉱作業の様子がリアルに再現されています。

手作業で探鉱していた頃の様子 明治時代の探鉱作業の様子 昭和時代の探鉱作業の様子 ドキッとするリアルな炭鉱時代の様子

2. 炭鉱機械館&採炭作動館

夕張市石炭博物館にある炭鉱機械館と採炭作動館

↓このドラムカッター、動きます!
(個人的にかなりワクワク。載せてはいないですが動画にも収めてます(笑)

実際に動く様子が見られる自走枠とドラムタッカー

3. 国登録有形文化財「旧北炭夕張炭鉱模擬坑道」

ここからいよいよ模擬坑道!
この模擬坑道は「旧北炭夕張炭鉱天竜坑跡(実際の採炭現場)」を利用した展示で、日本唯一という貴重なものです。

旧北炭夕張炭鉱天竜坑跡(実際の採炭現場)

↑安全上の理由から、坑道内は飾り矢木で覆われています。

石炭を掘る最前線の切羽(きりは)

↑ここが石炭を掘る最前線(切羽(きりは))。
↓本物の石炭層と掘削機械。実際に触れることができます。

夕張市石炭博物館にある本物の石炭層と掘削機械

冷んやりする坑道(地下)で目にする、迫力いっぱいのこの風景。
怖いような楽しいような、終始圧倒されっぱなし。

これからの夕張


北海道命名150年という節目にリニューアルオープンした夕張市石炭博物館。
「未完リニューアル」と謳う理由は、
「未完の博物館として、短いスパンで展示品を変え、飽きさせない展示にしたい」という、夕張市の想いからなんですね。

「変化する博物館」と位置付けしているだけに、町全体も同様に再生への道のりを歩んでいって欲しいと、同じ北海道に住む一人として願います。
頑張れ、夕張!

夕張市石炭博物館

時間:10:00~17:00 ※10月のみ10:00~16:00
料金:大人¥1,080(中学生以上)子供¥650(小学生)
※駐車場あり
https://coal-yubari.jp/

RECOMMENDこちらの記事も人気です