yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





一気読みして欲しい!ほぼ日刊イトイ新聞『父はマンションのヒーロー(中前結花・著)』

この記事をシェアする

父の日の小さな読みもの


毎度毎度「おもしろい」を届けてくれる『ほぼ日刊イトイ新聞』。今回は、つい最近目にしてツボった「父はマンションのヒーロー」というエッセイのご紹介。

リノベーションやマンションに関するブログを書いているせいか、タイトルを見た瞬間、「父の日」ではなく「マンションのヒーロー」というフレーズに惹かれたわたし。

ですが、読み始めるとそんなコトは忘れて続きが気になり・・次の日の更新をまだかまだかと楽しみにしていた3日間。

この連載を書いたのは、ほぼ日の塾第4期生中前結花さん。ほっこりタッチなイラストはちえちひろさんによるものです。

ふっと思い出したのは父ではなく・・

「せっかくですから父の日に掲載しましょうか」と。
みなさんにも、みなさんのお父さんのことをふっと思い出してもらえたらなあ、とそんな思いで、書いてみます。
父はマンションのヒーロー - ほぼ日刊イトイ新聞

連載を読みながら思い出したのは、自宅マンションのおっちゃん!(管理人さん)と言うのも、我がマンションのおっちゃんは「マンション自慢」したくなるくらい、人柄の良い方なんです。

住みはじめてまだ2年足らずのわたしたちですが「ずっとずっとこのマンションを見ていてもらいたい」と思っています。

マンションの管理人という仕事


体力的にも精神的にも(掃除やクレーム処理など)大変そうなイメージはありますが、実際はどうなのでしょうか。おっちゃんに聞いてみたことはないけれど、もはや我がマンションになくてはならない存在のハズ。

 

管理会社より頼りになる⁉


管理組合の総会や役員会には出席しない管理人のおっちゃん。「マンションのことをよく知るおっちゃんが参加してくれれば、話は早いだろうな・・」と思うこともしばしば。

住人がオーナー(マンションの所有者)ではない部屋はどこなのか(賃貸)、お年寄りが一人で住んでいる部屋、最近引っ越してきた方のお顔などなど、おっちゃんだからこそ分かるコトは他にもたくさんあるはず。

おわりに

なんだか「おっちゃん」のことばかり書いてしまいましたが、この連載のおかげで、お父さんにも管理人のおっちゃんにも「日頃のありがとう」をきちんと伝えなきゃ、という気持ちになりました。

の前に、柔らかくて温かいエッセイなので、3話で完結とは言わず、もっと書いて欲しい!です。素敵なお話なので、みなさんもぜひ。

RECOMMENDこちらの記事も人気です