yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム

産業遺産がアートで染まる!そらち炭鉱の記憶『赤平アートプロジェクト2018』

この記事をシェアする

炭鉱施設にアートを融合


今年で10回目を迎えた「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト」。
三笠市にある旧住友奔別(ぽんべつ)炭鉱や、夕張市にある旧北炭清水沢火力発電所など、その年によってメイン会場が異なりますが、今年は去年同様「赤平」で開催されています。

「住友赤平立坑」のネオンサイン

今年の会場は2箇所

  • 坑口浴場
  • 赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設

(1)坑口浴場展示

計16作品が展示されている坑口浴場。その一部をご紹介!

▽「炭鉱用語」上遠野 敏

天井にアクリル板「炭鉱用語」上遠野 敏

▽「炭鉱生活・昭和レトロ」高丸 勝義

当時の生活用品がずらり「炭鉱生活・昭和レトロ炭鉱マネキン

▽「炭鉱のかみさま、ほとけさま、げんさまシリーズ1〜6」祭 太郎

祭 太郎さんの作品坑口浴場の様子

▽「閉山から二十四年。苔の生すまで」上遠野 敏

坑口浴場に生える苔アート

▽「湯気になってのぼる」渡邊 俊介

坑口浴場の湯気をアートで再現

(2)赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設

2018年7月14日にオープンしたこの施設。

赤平の貴重な炭鉱遺産を輝かせようと「赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設」が開館しました。
地域再生のストーリーを構築していくことは、将来多くの地域が置面する地域存続の危機を乗り越えるモデルケースと期待されます。赤平市は他に先駆けて炭鉱遺産の保存・活用の取り組みが行われています。

約200点の展示物があるほか、カフェや特産品コーナーもあります。

赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設・外観赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設の展示物赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設で見られる当時の看板約200点ある展示物

「黒板五郎」ならぬ「黒ダイヤ五郎」

「炭鉱コスプレイヤー」と思いきや、実際に炭鉱で働いていたというこのお方。
直接お願いし、あちらこちらで撮影させていただきました!

坑口浴場に佇む黒ダイヤ五郎少し寂しげな黒ダイヤ五郎会場を案内くださる黒ダイヤ五郎

ぱっと見は怖いですが・・実はとっても気さくな黒ダイヤさん。

立坑前に立つ黒ダイヤ五郎黒ダイヤ五郎の後ろ姿

黒ダイヤさんを撮影させていただけるのも、実はコンテンツの一部なんです!

進化する赤平


去年よりも確実にパワーアップしている「赤平アートプロジェクト」。
ガイダンス施設の誕生といい「炭鉱遺産の保存・活用」に町をあげて取り組んでいることがうかがえます。
去年に比べ、今年はカメラ片手に会場を見て回る方が多かった気が。

おわりに

「北海道胆振東部地震」により、観光客激減の北海道ですが、震源地から離れた地域では問題なく観光できます。「炭鉱」から見る北海道の歴史やその魅力を、この機会にぜひ知っていただきたい!

旧住友赤平炭鉱立坑跡

赤平アートプロジェクト赤平アートプロジェクト
期間:2018/9/8(土) 〜 2018/10/8(祝月)土日・祝のみ
時間:10:00 〜 16:00(入場は15:30まで)
料金:無料
※駐車場あり
https://sora-coal-art.info/

RECOMMENDこちらの記事も人気です