yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





2LDKのマンションリノベーション実例&インテリア「縦型ブラインド(バーチカルブラインド)」編

この記事をシェアする

ニュートラルグレイのバーチカルブラインド

リビングに設置したバーチカルブラインド

掃き出し窓には絶対バーチカル!と決めていたわたしたち。賃貸時代もずっとバーチカルブラインドを使っていたので、新居でも迷うことなくバーチカル一択でした。バーチカルブラインドの一番の魅力は「縦ラインの美しさ」だと、わたしは思います。

カーテンボックスとカーテンレールは撤去


カーテンレールに取付け可能なタイプもありますが、見た目はイマイチ。ブラインドを取り付けるときは「天井付け or 正面付け」をオススメします。

カーテンボックスを撤去後取り付けたバーチカルブラインド

バーチカルブラインドは正面付け


掃き出し窓のすぐ上に梁がある我が家。元々はカーテンボックスがありましたが、撤去。窓枠から梁まで、10センチに満たないですが、そこになんとかレールを設置しています。

賃貸時代はカーテンレールを外して設置していました。原状回復する際、壁に開けた穴は壁専用のパテで埋めれば大丈夫。ホームセンターに行けば数百円で売られています。

タチカワ or ニチベイのバーチカルブラインド


この2社で迷ってニチベイをチョイス。決め手は「色味」でした。選んだのはラインドレープのニュートラルグレイ・A7891(遮光1級)。

サイズの違う窓に合わせてフルオーダー

  • W 1610 H 1910 左タメ左操作 ¥35,750(定価 ¥55,000)
  • W 1900 H 1900 右タメ右操作 ¥35,750

定価の6.5掛けで合わせて税込み ¥77,000 。

リノベーション後のリビング

バーチカルブラインドの寄せる方向とループコード(ボトムコード)


掃き出し窓がふたつ並ぶ我が家ですが、その間にはストーブが。ストーブは動かせないため(自動給油)それを考慮して、ルーバーをたたむ際、どちらに寄せるかを決めました。

また「ループコードは無い方が良い」という方も多いですが、あってもそれほど気になりません。ただ、小さいお子様・ペットには不向きです(子供が触る・引っ張る。ペットも同様、足を引っ掛ける可能性あり)

遮光性・断熱性・通気性で比較

・遮光性

カーテン > バーチカルブラインド

カーテンの方が良さそうですが、ルーバーの向きを変える or 全て閉じることでブラインドも調整できます。

・断熱性

カーテン > バーチカルブラインド

カーテンの方が断熱性あり、だと思いますが、窓の造りも左右します。我が家はマンションなので、木造戸建に比べると部屋が温かい&二重窓なので気になりません。

・通気性

バーチカルブラインド > カーテン

カーテンならレース、ブラインドならセンターレースの有無で変わりそうですが、ブラインドの形状を考えると、通気性はブラインドの方が良いと言えます。

 

おわりに

設置が面倒、強風が吹くとうるさい、などのデメリットもありますが、そのうち慣れます(笑)カーテンにはない、光の入り方もなかなか良いですよ!

バーチカルブラインド越しに入る日の光

\ Instagram( @yokoyumyum )毎日更新中 /

あわせて読みたい

RECOMMENDこちらの記事も人気です