キャンプにもインテリアにも!愛されブランド PUEBCO プエブコおすすめ5選

投稿日:2019年1月13日 更新日:

キャンパーにも人気のインテリアブランドPUEBCO(プエブコ)

わたしも多数愛用中のPUEBCO(プエブコ)!ブランドコンセプトやユニセックスなデザインが好きで、新作はすかさずチェックしています(笑)

プエブコは2007年に立ち上がったインテリア・雑貨ブランド。ここ数年で人気が増し今や雑貨ブランドの定番入りと化した気も。

アウトドア仕様なアイテムが多いのも特徴で、キャンプ好きからの支持も厚い&お手頃価格なのが人気の理由かと!今回は、実際に自宅使いしているプエブコアイテムの中から、アウトドアにも使えるグッズ5選をご紹介。

1. ファブリック オーガナイザー ラウンド

防水タイプのストレージバック。これ使えるかと!我が家では洗濯物を干すときに使ってますが、防水加工されているのでキャンプにもバッチリ

折りたためる
軽い
内側がカモフラ柄

こう見えて?機能的なので子供のおもちゃ入れにしたり、キャンプでは薪入れなどに使えそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PUEBCO プエブコファブリックオーガナイザー ラウンド L
価格:3996円(税込、送料別) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

2. ファブリックカーテン

キャンバス生地の片面にパラフィン加工(防水加工)が施されたこのカーテン。シャワーカーテンにも使えるそうですが、我が家は押入れ収納用にチョイス(ハトメが便利!)

  • PUEBCO(プエブコ)のファブリックカーテン
  • PUEBCO(プエブコ)のファブリクカーテンを収納に

防水加工のおかげで生地が硬いため、普通のカーテンとして使う場合は生地が柔らかくなるのを待ったほうが良さそうです。

カーテン以外には、レジャーシートとして活躍してくれるのではないかと。グランドシートに重ねて?使ってみるのもアリでしょうか。

3. デコレーショントレイ

見た目とは裏腹に実はとっても軽いこのトレイ。しかもプラスチック製なので割れません!

PUEBCO(プエブコ)のデコレーショントレイ

口にするものを直接乗せるのはNGですが、お皿を重ねたりトレイとして使うのはOK。これどこの?と聞かれることが多いアイテムのひとつです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PUEBCO プエブコデコレーショントレイ
価格:864円(税込、送料別) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

4. スチールハットボックス

おそらくPUEBCO(プエブコ)定番人気のハットボックス。我が家もずっと愛用中です。見せる収納にもってこい&アウトドアギアとしても使いやすい気が。

  • PUEBCO(プエブコ)はっとボックス
  • PUEBCO(プエブコ)のハットボックスを見せる収納に

取っ手部分が布製なのでかさばらず、スチールなので乱暴に扱っても大丈夫。逆に味らせちゃいましょう(笑)

5. ウッドバスケット

2番目にご紹介したファブリックカーテン同様、このバスケットも2018年の新作。どんなブランドにもありそうなアイテムですが、思わず惹かれて買っちゃいました。

  • PUEBCO(プエブコ)ウッドバスケット
  • PUEBCO(プエブコ)のウッドバスケットをキッチンに

取っ手部分が短いので片手で持ちにくいのが難点ですが、場所を問わず使えるバスケットだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【S】WOODEN BASKET / Sサイズ ウッドバスケット PUEBCO プエブコ H25xW25xD25cm 
価格:2592円(税込、送料別) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

おわりに

キャンプにもおすすめと言っておきながら、キャンプには滅多に行かない我が家ですが(笑)ご紹介したアイテム以外にもビビッとくるものがプエブコにはきっとあるはず!気になる方は、今後の新作も含めてぜひあれこれチェックしてみてください!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-ベストバイ

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.