【無垢床材を徹底比較】後悔しない無垢フローリングの選び方とは

投稿日:

ヨコヤム
新築やリフォーム・リノベーションを機に「床を無垢フローリングにしたい」という人が増えています。採用を検討する際は、あとで後悔しないためにも、そのメリットデメリット、木樹ごとの特徴をしっかり比較したうえで選ぶようにしましょう。

無垢フローリングのメリット

無垢フローリングのメリットデメリット

中古マンションを購入し、同時にフルリノベーションした我が家も、自宅の半分以上を無垢床材にしています。採用したのはオーク(ナラ)。

「一度、無垢フローリングを味わうと複合(合板)フロリーングには戻れない」というのが、わたしの感想ですが、お子さんがいらっしゃるご家庭や神経質な方には、何かと大変かもしれません。

無垢フローリングのメリット

複合フローリングにはない天然木ならではの風合いがある
複合フローリングに比べ暖かい(空気を含むため)
経年変化を楽しめる
肌触りが良い

無垢フローリングのデメリット

無垢フローリング採用に後悔はないですが、床にうっかり物を落としたときは自分を責めます(笑)木樹にもよりますが、無垢床材は傷つきやすいため、重たいものであればなおさら床は凹みます。

無垢フローリングのデメリット

施工にコストと手間がかかる
冬には隙間が出来る(反りや割れが生じることもある)
紫外線で変色する場合がある
食べこぼしや水をこぼした時は注意が必要
傷つきやすい木樹もある

無垢床材を木樹と傷つきやすさで比較

無垢床材を木樹と傷つきやすさで比較

我が家の複合フローリング(左)。右が無垢フローリングです

1. 針葉樹と広葉樹の違いで比較

英語では、針葉樹をソフトウッド、広葉樹とハードウッドと言います。簡単に説明すると、針葉樹は軽くて柔らかく、広葉樹は重くて硬いのが特徴です。

また、暖かいのは広葉樹よりも針葉樹となるため、暖かさを優先する場合は針葉樹がいちばんです。

ヨコヤム
しかしながら、広葉樹であっても複合フローリングに比べればその差は歴然。我が家は広葉樹(オーク(ナラ材))ですが、暖かさの違いは充分感じています。冬でもヒヤッとすることはありません。

代表的な針葉樹と広葉樹

■針葉樹:ヒノキ/杉/パイン(松)

■広葉樹:ウォールナット/チーク/オーク(ナラ)

【針葉樹】ヒノキ・杉・パイン(松)の特徴

  • ヒノキ
  • 杉
  • パイン(松)

左からヒノキ・杉・パイン(松)

ヒノキ
日本を代表する高級材であり針葉樹の代表格。水に強くヒノキならではの香りは、森林浴と同じ効果をもたらせます。


柔らかいため肌触りが良く、赤と白の木目が大きな特徴です。ところどころに見える節にも個性があります。

パイン(松)
木目が非常にシンプルで建築材から家具まで汎用性の高い木です。調湿効果もあり素朴な風合いなため、ナチュラルな内装によく合います。

【広葉樹】ウォールナット・チーク・オーク(ナラ)の特徴

  • ウォールナット
  • チーク
  • オーク(ナラ)

左からウォールナット・チーク・オーク(ナラ)

ウォールナット
世界三大銘木の一つで、家具との相性も良く高級で品があります。落ち着きのある色味と重厚感が最大の魅力。

チーク
使いこむほどにツヤが増し、水に強い木。色あせしにくく年月とともに色がライトブラウンへ変化します。

オーク(ナラ)
十分な強度と耐久性を持っており、くっきりとした美しい木目と虎斑(とらふ)模様が味わい深い木です。

2. 傷つきやすさで比較

針葉樹は暖かいですが、その柔らかさゆえ傷つきやすいのも特徴の一つ。反対に、広葉樹は硬いため傷がつきにくいです。広葉樹(オーク(ナラ材))の我が家は、家の中でピンヒールを履いても木が凹むことはありませんでした(笑)

■暖かさ:針葉樹 > 広葉樹

■傷つきにくさ:針葉樹 < 広葉樹

3. 価格で比較

無垢床材を価格で比較

出典:無垢フローリング床材の専門店

最後に気になるのが「価格」ですよね。ご覧のとおり、価格は基本的に針葉樹のほうが安く、広葉樹のほうが高いです。

ここまでの内容をまとめると……以下になります。

ポイント

  • 軽くて柔らかい反面、傷つきやすい。価格が安く暖かいのが針葉樹
  • 重くて硬い反面、傷つきにくい。価格は高いが高級感があるのは広葉樹

無垢床材の選び方は施主の性格に合わせる

無垢床材を選ぶときは、施主の性格に合わせることをおすすめします。

子供のいるご家庭や親と同居するお宅は柔らかくて暖かい針葉樹、コスト重視の場合も針葉樹が良いと思います。

「見た目重視で選びたい」という方は好みの木樹を、「傷の補修や塗装は面倒……」という方には広葉樹、というように何を優先したいかによって先ず、針葉樹か広葉樹を決めてください。

そこから、見た目や価格を比較し、どれが一番ベストなのかを整理していきましょう。そうすることで、おのずと選択肢が限られてくるはずです。

無垢床材の比較まとめ

ご紹介した無垢材は全部で6つですが、実際にはまだまだ沢山の種類があります。

「万人に合う」木樹はないため、最終的にはメンテナンスをする人、つまり自分の性格に合うかどうかで判断するのが大切です。

ヨコヤム
我が家は硬いオーク(ナラ)のおかげで傷がつきにくく、補修の手間が省けるため神経質にならずに済んでいます。その反面、直に座るとお尻が痛くなりやすい点や、パイン材などに比べると少し冷たいと感じる点は、広葉樹ならではのデメリットとも言えます。

また、無垢フローリングは愛を持ってお手入れ出来ない方や、メンテナンスをする自信のない方にはおすすめしません。傷がなく見た目に美しいのは、はじめだけなので傷や色味の変化を「味」と思えない方も避けたほうが良さそうです。

この記事を読んで「自分なら無垢床材でも大丈夫」と感じた方は、ご紹介した内容をぜひ参考に、床材を選んでみてくださいね。

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.