「HAY(ヘイ)TOKYO」に見る空間デザイン。北欧インダストリアルの形とは

投稿日:2019年2月18日 更新日:

ヨコヤム
デンマーク生まれのインテリアブランド「HAY(ヘイ)」。1年間の限定ショップとして2018年10月東京・表参道に「HAY TOKYO」がオープンしましたが、その後営業継続が決定。今回はHAYのプロダクト、そして店舗のある「GYRE (ジャイル)」内の空間デザインに迫ります。

期間限定ショップ「HAY(ヘイ)TOKYO」とは

期間限定ショップ「HAY(ヘイ)TOKYO」とは

表参道・GYRE (ジャイル)内にある「HAY TOKYO」

デンマーク生まれのインテリアブランド「HAY(ヘイ)」。
2018年10月にオープンした期間限定ショップ「HAY TOKYO」に、ヨコヤムヤムもようやく行くことができました。
場所は表参道・GYRE (ジャイル)の地下1階。

スキーマ建築計画による空間デザイン

スキーマ建築計画による空間デザイン

店内の天井

「インターフェイス」と呼ばれるスキーマ建築計画の空間デザインを見たかったのも、HYAに行きたかった理由の一つでした。

スキーマ建築計画は、TODAY’S SPECIALやBlue Bottle Coffee、AesopやISSEY MIYAKEなどの店舗デザインを手掛けたことでも有名な設計事務所。ミラノサローネにも毎年、作品(家具)を発表しています。

カフェは「Atelier September(アトリエ セプテンバー)」がプロデュース

カフェは「Atelier September(アトリエ セプテンバー)」がプロデュース

HAY併設のカフェ

店内にはカフェも併設されています。
高低差のない一直線が何とも美しいこのペースは、HAYによるディレクション。

デンマーク・コペンハーゲンにあるAtelier September(アトリエ セプテンバー)のオーナーシェフ・Frederik Bille Brahe(フレデリック・ビル・ブラーエ)がプロデュースしています。

「HAY TOKYO」はインダストリアルに合う北欧モダン

インダストリアルに合うモダン

HAY TOKYOの店内

HAY TOKYOの店内は300坪いや、200坪程でしょうか。実に広々しています。

足場用(?)の単菅パイプも、こうして見ると「おしゃれ」に昇格 。
これなら解体もディスプレイの変更も容易ですよね。可変性を持たせるにはもってこいのアイデア。

HAY TOKYOディスプレイ

イエローのビニールシート越しに見えるスペースはバックヤード。
北欧ブランドながら、謂わゆる「ほっこり」な感じとは違うHAYの世界観に、空間デザインがバッチリとハマっています。

HAY TOKYO雑貨・インテリア

陰影が素晴らしい店内

HAYのキッチンウェア

これもきっと計算(?)だと思うのですが、写真を撮ると余計に感じる店内の陰影。
バッキバキに明るいのではなく、ところどころ暗い……。気付き難いようでそうでない視覚効果があるのでしょうか。

HAYの家具

HAYディスプレイ什器

HAYから復刻のリザルトチェア by フリソクラマー

  • HAYから復刻のリザルトチェア by フリソクラマー
  • リザルトチェア&テーブル

ダッチインダストリアルの代表格・フリソクラマー。
名作椅子は数あれど、わたしはフリソクラマーが大好きでして。

リザルトチェアを見ずしてHAYを去るわけにはいかず、触って座って眺めること数十分。
ヴィンテージを狙うか復刻版を選択するか……。

答えが出ぬまま、座り心地だけはしっかり確認(笑)
ああ……美しきコンパスレッグ。いつかは必ず手に入れたい!

HAY TOKYOまとめ

HAYの魅力は、よくあるあの「北欧風」とは一味違うところにあるのかと。
シンプルでナチュラルな北欧インテリアとは異なるHAYのプロダクトは、インダストリアルな空間にもよく映えます。

また、インテリアのスタイルとしてすっかり定着し、アメリカンな雰囲気やヴィンテージな装いをイメージしがちな「インダストリアル」ですが、実は北欧スタイルやモダンとの相性も良いのが、このスタイルの良さ。

それぞれの良さをミックスすることで、それまでには無かった新しさを生み出せるのも、空間デザインの面白さだとあらためて感じるHAY TOKYOでした。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.