yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





夏も冬も使える手織りの絨毯。世界でひとつだけを楽しもう!GABBEH(ギャッベ)のある暮らし

この記事をシェアする

遊牧民の生活必需品ギャッベ


みなさんご存知「ペルシャ絨毯」。ペルシャ絨毯と聞くと、高級なイメージがありますが、ギャッベもその一種なんです。イラン近辺の遊牧民(カシュガイ族)によって手織りされているもので、原料は羊の毛。

草木染め以外に、今では化学染料のものもありますが、2012年にはユネスコ無形文化遺産にも認定された伝統技術。手作業ゆえ「二枚と同じものがない」のもギャッベの魅力のひとつ!

イラン・世界地図

夏も快適なギャッベ


「夏は暑いんじゃないの?」これが意外とそうでもないんです。毛足の間に空気を含むため、冬は床から伝わる冷気を遮断。夏は、それが通気となって、案外冷んやりしています(と言いながら、わたしはまだ未体験ですが笑)

「冬はほっこり、夏はさらさら」なので、年中敷きっぱなしというお宅も多いはず。夏と冬で使い分けるのも良いですよね!

ギャッベとキリムの違い


「ラグを買うならキリムがいい!」という方もいらっしゃるかと(わたしも好きです)。キリムはトルコでの呼び方(平織りの総称)。

ペルシャ絨毯・ギャッベ・トルコ絨毯(キリム)の作り方をそれぞれ見てみると、

  • ペルシャ絨毯:ペルシャ結び(一重結び)
  • トルコ絨毯:トルコ結び(二重結び)
  • ギャッベ:ペルシャ結び(一重結び)/トルコ結び(二重結び)

この通り、ギャッベもトルコ結びすることがあるため、分かりにくいように感じますが、ギャッベとキリムの違いは毛足の有無と厚み。ギャッベは毛足があり、キリムには毛足がありません。

ギャッベとキリムの厚み

  • ギャッベ15~25mm前後
  • キリム4~7mm前後

ギャッベは床に敷くもの(なので厚みが必要)、キリムはものを覆ったり、間仕切りとして使うもの、というようにカシュガイ族はそれぞれで用途を分けています。なので造りが違うんです。

似て非なるギャッベとハグみじゅうたん


パッと見には、これまた分かりにくいこの二つ。「羊毛・手作業」という点では同じですが、作り方や染め方はまるで違います。

ハグみじゅうたんは日本の企業「COBLIN(コブリン)株式会社」が企画・デザインしている絨毯。ギャッベには同じデザインが存在しませんが、ハグみじゅうたんはデザインに規格あり。

とはいえ、天然素材でカラダに優しい絨毯&ギャッベよりも手の届きやすい価格帯なのが、ハグみじゅうたんの魅力!

ギャッベの偽物に注意


ネットを検索すると、偽物らしきギャッベがたくさんヒットします。もし、本物にこだわりたい方は、どこで作られたものなのか&原料をしっかり確認してみてください。

  • イランで作られたもの
  • ウール100%

中国製やイラン以外の国であれば、ギャッベではない可能性大。原料も同様です。やたらと安い商品もまた「ギャッベ風」だと思われます。

札幌でギャッベを買うなら


常時、取り扱いのあるショップがあればいいのですが・・なかなかそうはいきません。今のところ、ギャッベを見られるショップは下記の2店舗でしょうか(※時期にもよります)。

inZONE(インゾーネ)ギャッベ展

お値段の張るアイテムなので、手触りやデザインを確かめながら購入したいですよね!

ギャッベの絨毯やラグ
スモールサイズのギャッベ

はじめてみようギャッベのある暮らし


我が家はラグを敷かない派。なので、スモールサイズをチョイス!(by inZONE(インゾーネ))これなら椅子に敷くことも出来ます。

inZONE(インゾーネ)で購入したギャッベ

ソファに座る以外、普段は「床座」スタイルなので、床に座るときにこれを敷いたり、来客専用にするのもアリかなぁと。タペストリーとして壁に飾るのも可愛い!

絵柄にも意味があるギャッベ


人や動物、狼の足跡などなど、ギャッベの柄にはそれぞれに意味があります。気に入ったデザインで選ぶもよし、絵柄別に選ぶもよし、これもまたギャッベ選びの楽しみだと思います。

おわりに

「ライオン柄」のアートギャッベが欲しい我が家でしたが、残念ながら今回は出会えず・・。でもいつか、出会えることを楽しみに、スモールギャッベを毎年少しずつ、買い足していこうと思ってます!

RECOMMENDこちらの記事も人気です