yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





マンションリノベーションをしたい人に欠かせない3つの条件とは?

この記事をシェアする

マンションリノベーションに関する正しい知識


「リノベーションもリフォームも同じでしょ?」多くの方がそう思うかもしれません。明確な定義はないので広義の意味では「同じ」ですが、

  • リフォーム:部分的な改修・修繕
  • リノベーション:リフォームよりも工事の規模が大きく、資産価値のUPにも繋がる改良

というのが、一応の定義。

戸建リノベーションとマンションリノベーション


マンションはRC造のため躯体の寿命は長いですが、それに比べると中古住宅(木造一戸建て)の寿命は短く、築年数によっては梁や柱の強度、耐震面の補強が不可欠となるケースも多々。

構造計算、構造設計、この辺りもしっかり見直しながら、新しい家へと再生させなければなりません。目に見える部分=表面にばかり目がいきがちですが、それを支える躯体は、家のもっとも大切な部分です。

また、マンションも好き勝手には工事できません。ラーメン構造、壁式構造の違い、間取りや設備の仕様によっては、計算(設計)を間違えると大変なことになるかも。

ゼロイチの設計(注文住宅)よりも、制限が伴うリノベーションのほうが、ひょっとしたら難易度が高いことだってあるのでは?と思います。

図面

リノベーションには情熱が不可欠


そこに住まう人=施主の熱量が家づくりの完成度を高めると言っても過言ではないと思うんです。

つまりは、情熱!

これがなきゃ、家づくりにおける数々の取捨選択を、捌き切ることなんて出来ません。考えるのが面倒=お任せします、という方も中にはいらっしゃるそうですが、わたしには理解できない(笑)面倒なことも含めて「家づくり」ですから!

家を建てる・家を買うのは人生最大のプロジェクト


家づくり&家の購入は、人生をかけるプロジェクトであり「買い物」ではありません。な・の・で、わたしは「考えた者勝ち」だと思います。もちろん、思い通りにいかないこともありますが。

' リノベと女は度胸よね ' by おしゃ子


その通り!制限ありありのリノベーションは、どうにも出来ないことや「足し算」ではうまくハマらないことが多々あります。

引いたり足したり、攻めたり諦めたり(笑)リノベーションには一歩進んで二歩下がる的な部分があると思うんです。まぁ、それが醍醐味なんですが!

おしゃ子って何?については↓こちらへ。
絶妙なツッコミがツボ。インテリア好きに読んで欲しい『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』

また、

注文住宅にもスケルトンインフィルを!

スケルトンインフィルは

スケルトンは建物を支える躯体、インフィルは間取りや内装を指し、スケルトン(躯体)に高い耐久性を持たせることで、住まい手がその後も、容易にリニューアル(リノベーションやリフォーム)できるよう、二つを明確に分けること、をいいます。

スケルトンリフォーム

築浅のマンションほど顕著

マンションは将来「リフォーム or リノベーション」することを前提に造られています。築年数が浅いマンションほど顕著。

パイプスペースが住戸内ではなく外側にあれば、間取り変更の自由度は高くなりますし、二重天井なども同様です。

日本の優れた木造住宅

在来工法に限らず、2 × 4(ツーバイフォー)工法やSE工法など、日本の住宅も進化&耐震性が高くなっていますよね。

築年数が古い場合は「リノベーションよりも建て替え(新築)が賢明」になりますが、イマドキの住宅であれば「スケルトンインフィル」の考え方を取り入れられるはず・・と思うんです。

長く永く住み継いでいけるだけでなく、賃貸や売却もしやすくなるのでは?と。結果それが、空き家対策にもなれば尚良しですよね。

話をもどします。

まとめ


「マンションリノベーションに欠かせない3つの条件」をまとめると、

  • リノベーションに関する正しい理解
  • リノベーションには情熱が不可欠
  • 諦めもときには必要だということを前提に

「こんなはずじゃなかった」を防ぐには、躯体のこと、マンションの規約に関する知識・理解を、施主側もきちんと知っておくことが大切です。

悪質な施工会社だってあるかもしれない・・。そこに住むのは「施主」ですから、作る側・住む側それぞれが二人三脚で良い家づくりをするためにも、これらは必要なことかと。

どれも難しいことではありません。これからマンションリノベする方には特に読んでいただきたい!と思います。

RECOMMENDこちらの記事も人気です