yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





Google AdSense(アドセンス)のページCTRとクリック率。その違いと平均値とは?

この記事をシェアする

グーグルアドセンスはオワコンなの!?


ブロガーの貴重な収入源=グーグルアドセンス。広告料が主な収入源のブロガーにとって、グーグルアドセンスは非常に大切な存在・・そう感じているブロガーさんは少なくないと思います(わたしもそう)。

一方では「オワコン」とも言われるアドセンスですが、それはブロガーによって違うと思うんです。

収益に重きを置くブロガーもいれば、純粋に書くことを楽しみたい人や、あえて収益化しない人まで様々ですもんね。

アドセンスの導入にあたっては、一定の条件を満たす必要がありますが、それほど高いハードルではありません。なので、使わない手はないはず、とわたしは思います。

※Googleアドセンスとは?
Googleが提供するクリック課金型広告のこと。広告を掲載し、その広告がクリックされることで収入を得られる仕組みです

ページCTRとクリック率の違い


似て非なるこの二つですが、その違いは分母にあります

  • ページCTR:アドセンス広告のクリック数 ÷ ページビュー数
  • クリック率:アドセンス広告のクリック数 ÷ アドセンス広告表示回数

グーグルアドセンスのレポート画面

例えば、

250 回のページビューで、クリックが 2 回発生した場合、ページ CTR は 0.8% となります(2/250 = 0.8 %)引用:ページ CTR - AdSense ヘルプ 

グーグルアドセンス・ページCTRの平均値


ページCTRは1%前後が平均値と言えそうです。

が、雑記ブログなのか特化ブログなのかによっても違いがあるはず。

個人的に調べてみた結果、雑記ブログの場合は1%〜2%、特化ブログなら2%以上を目安にするのが良さそうです。

yokoyumyumのリノベブログは「特化ブログ」のつもりで運営しているので、目指すは2%以上。2019 年1月現在、このブログのページCTRは、2%以上3%未満というところです。

クリック率は一般的にページCTRを指す


記事のページビューよりも、グーグルアドセンス広告の表示回数のほうが多いため、必然的にクリック率よりもページCTRのほうが、数字としては高くなります。

グーグルアドセンスはページCTRを重視しよう


グーグルアドセンスを見ると、クリック率・ページCTR両方の項目が表示されているのでややこしいのですが・・大事にすべきは「ページCTR」と言われています。

googleロゴ

ページCTRを上げる方法


ページCTRが目安より低い場合は、改善策として広告の種類や配置を見直してみると良さそうです。

  • アドセンス広告の種類を見直す
  • アドセンス広告の配置を見直す
  • 最後まで読みやすい記事作りを心掛ける

関連コンテンツやリンクユニットの導入、インフィード広告も有効的です。広告の大きさや文字の色も大切かと。

 

おわりに

グーグルアドセンスのページCTRについて書いていますが、収益を発生させる・アップさせるには「集客」が何よりも大切です。

な〜んてエラそうに言っておきながら、これがいちばん難しいのですが(笑)

とはいえ、ブログを見てくださる方にとって、そのブログのPVや収益はあまり関係のないこと。

知りたいことが書かれているか、不安を解消できたか、その記事を読むことで何かためになったか、ここですよね大切なのは。

そういう記事をお届けできるよう、これからも頑張りたいと思います!

RECOMMENDこちらの記事も人気です