押入れ収納をブログで公開。山善グッズを使ったおすすめアイデア集

更新日:

ヨコヤム
ものが増えるたびに何かと煩雑になりがちな場所と言えば押入れ。「そのうち整理する……」と見ないふりをしている方も多いはず。
そこで今回は、押入れ収納のポイントをご紹介。そして、我が家が実践した押入れ収納のアイデアもまとめます。使ったアイテムは全て「山善」でチョイスしたものです。
ヨコヤム

知っておきたい押入れ収納の基礎知識

我が家の押入れ

リノベーション直後の我が家の押入れ

押入れ収納の基礎知識

  • 高低差を活かしデッドスペースを作らない
  • 寝具類は専用ケースを活用する
  • 下段収納はキャスター付きアイテムが便利
  • 頻度によって収納するものの配置を決める

二段に分かれる押入れの収納ポイントは、大きく分けて上記の4点。

「物が多い」「今後も荷物が増える」という方は、特に意識しながら整理整頓をしてみてください。

1. 高低差を活かしデッドスペースを作らない

先ずは、上段と下段それぞれに置きたいものをグループ分けします。

上記のようなアイテムを使うと、さらに上下を分割できるため収納力がアップします。

2. 寝具類は専用ケースを活用する

敷き布団や折りたたみマットレスなど、専用の袋やケースに入れられないものは、上記のような棚があると便利です。

同じ布団類であっても、棚があれば取り出しやすさも変わります。

3. 下段収納はキャスター付きアイテムが便利

押入れの下段は、上段に比べ物の出し入れが大変。

そのため、上記のようなキャスター付きワゴンをおすすめします。漫画や本の収納棚としても役立ちます。

4. 頻度によって収納するものの配置を決める

普段よく使うものは手前、そうでない物は奥。これが収納のお決まりルールです。

さらに、取り出しやすくしておきたい物は上段、そうでない物を下段にしておくと、より使いやすくなります。

実際に購入した山善の押入れ収納グッズ

山善の押入れ収納グッズ4選

山善で実際にチョイスした4つの収納グッズ

ここでは、我が家の押入れ収納を見直すにあたり、実際に「山善」で選んだアイテム4つをご紹介します。

1. 桐ケース

一つ目は、通気性の良い桐素材の収納ケース。

2個セットで天板にはすのこが付いており、バラして使うこともできます。上下に重ねるのもOK。

2. 布団収納袋

二つ目は、ポリエステル製の布団収納袋。このアイテムの良いところは下記の3点です。

  • 掛け布団も収納OK
  • 芯材入りの中蓋がある
  • 積み重ねOK

3. 新聞ストッカー

三つ目は、新聞や雑誌用のストッカー。キャスターは取り外し可能で、2段重ねできます。

収納したまま新聞を束ねることができる紐通しも付いています。

4. スマートフロア

四つ目は、家庭用の平台車。

重たい荷物や家電を乗せて使うと移動が楽になるほか、縦にも横にも連結できるため、奥行きのある押入れにも便利です。

スマートフロアは既に愛用していましたが、今回更に追加しました。

押入れ収納の悩みと整理整頓のビフォーアフター

我が家の特殊な押入れ事情と悩みが下記です。

ビフォー|押入れ収納の悩み

押入れ収納の悩み

Before

悩み

  • ①来客用の布団を綺麗にまとめたい
  • ②押入れに入りきらない荷物を収めたい
  • ③立てて入れられないキャンプ道具をなんとかしたい

ご覧のとおり、変わった造りした我が家の押入れ(泣)

大きな柱が邪魔なうえに、中段に引き出しがあるため、下段の高さが一般的な押入れの高さ「70cm」に満たず、53cmしかありません。

なんとも不利な押入れですが、悩みを解決すべく工夫したのが下記です。

アフター|押入れ収納の悩みを解決

押入れ収納の悩みを解決

After

解決

  • ①来客用の布団がコンパクトに収まった
  • ②押入れに入りきらなかった荷物も収納できた
  • ③立てて入れられなかったキャンプ道具を上段に収められた

いかがでしょうか?

一見、変化が分かりにくいかもしれないですが、物がギュッと詰まっていた上段は特に、ものが取り出しやすくなりました。

もともとあったオレンジの机だけは、これを機に処分しましたが、入りきらなかった荷物も綺麗に収まり、個人的には満足しています。

押入れ収納の4つのアイデア

ここからは、前述した4つの収納グッズをどう活用したのか具体的にまとめます。

アイデア1. 桐ケースを使って高低差を活かす

2段重ねにした桐ケースの引き出しには、折り畳んだラグを収納。

天板には、かさばる来客用のスツールを前後に4つ置きました。

我が家は押入れに使いましたが、桐ケースは奥行きがあるためベット下収納にもおすすめです。

DIYで塗装すれば、インテリアにも馴染ませやすいと思います。

アイデア2. 布団収納袋に寝具類をまとめる

丸見えだった来客用の寝具も、一つの袋に収まりました。

中身は、掛け布団一枚、毛布一枚、敷きパッド一枚、シーツ一枚。大容量でとても便利です。

アイデア3. 新聞ストッカーでキャンプ道具を立てて収納

本来の使い方とは異なりますが、我が家ではキャンプ道具を縦に入れ、前後に並べて収納しました。

キャスター付きなので、押入れから出したあとは玄関まで移動させるのも楽。

どれか一つだけ取り出したいときも、さっと手に取れて便利です。

新聞ストッカーは押入れに限らず、キッチンでの食材ストックや、クローゼット収納にも役立つと思います。

アイデア4. スマートフロアで移動を楽に

収納ケースの前を陣取っていたスツールは、スマートフロアに乗せています。

これがあれば、奥にある収納ケースの引き出しを開けたいときも一回で移動できます。

掃除機をかけるときも片手でスッと動かせるため、とても楽になりました。

押入れ収納のアイデアまとめ

押入れ収納のポイント

  • 高低差を活かしデッドスペースを作らない
  • 寝具類は専用ケースを活用する
  • 下段収納はキャスター付きアイテムが便利
  • 頻度によって収納するものの配置を決める

押入れは奥行きがあるため、大きな荷物を収納しやすいぶん、使い方によっては物が取り出しにくくなることもあります。

限られたスペースを余すことなく有効活用するにはやはり、便利グッズを使うのが一番。

特に、ご紹介した桐ケースや新聞ストッカーは、アイデア次第で複数の使い方ができるため、汎用性が高いです。

また、山善にはご紹介したアイテム以外にも収納アイテムが豊富。

気になる方は「くらしのeショップ」をぜひ一度ご覧ください。

山善のおすすめ他にもあります!

タグ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーと二輪免許を取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめ収納 
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.