【床のリノベーション】DIYと業者施工のメリットデメリットを解説

投稿日:

ヨコヤム
床は、空間の印象を決める大切な要素。「肌触りの良い無垢材に貼り替えたい」「畳をやめてフローリングにしたい」と考える方は少なくありません。
この記事では、業者(プロ)に床のリノベーションを依頼するパターン、DIYで張り替えるパターンに分け、それぞれによくある質問について解説します。
ヨコヤム

空間の印象を決めるのは壁と床

空間の印象を決めるのは壁と床

部屋の印象は、大きな面積を占める床・壁・天井で決まります。

また、この3つを決めるにあたり取り入れたいのが「カラースキーム(色彩計画)」です。

「ベースカラー」「テーマカラー」「アクセントカラー」の3種類を使い分けるのが、カラースキームの基本。

カラースキームの基本

  • 空間の60%:ベースカラー
  • 空間の30%:テーマカラー
  • 空間の10%:アクセントカラー

上記にある「空間の60%:ベースカラー」が床や壁を指しています。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

床をリノベーションする前に知っておきたい2つのこと

素材|素材によって異なる性能

素材によって異なる性能

床をリノベーションする際、多くの方が「フローリング」を選びますが、複合フローリングと無垢フローリングでは価格や機能面が大きく異なります。

また、キッチンやお風呂などは防水性の高い「クッションフロア」や「フロアタイル」、小さなお子さんがいるご家庭では防音性の高い「カーペット」や「コルク」をチョイスするなど、場所や用途に応じて使い分けることも大切です。

施工|業者(プロ)に依頼またはDIYのどちらが良いのか

最近では、DIYで床を張り替える人も増えています。

業者(プロ)に依頼するときとDIYでは、それぞれにメリットデメリットがあるため、この点についてもあらかじめ押さえておきましょう。

DIYのメリットデメリット

  • 業者に依頼するよりコストを抑えられる
  • 賃貸はDIYのほうが原状回復しやすい
  • 電気工事や水道工事などは不可

業者に依頼するメリットデメリット

  • 電気工事や水道工事も含めた施工が可能
  • 細やかな処理まで綺麗に仕上げられる
  • DIYする時間がない人は業者に依頼するほうが早い
  • DIYに比べ費用がかかる

【業者編】床のリノベーションに関するよくある質問

床のリノベーションに関するよくある質問

ここからは、床をリノベーションする際によくある質問をもとに、知って得する豆知識と注意点をまとめます。

Q. 床材は何がおすすめですか?

床を張り替えるときの素材は、何がおすすめですか?

A. 素材によって異なる性能 で前述したとおり、場所と用途によって素材を選ぶことが大切です。

「リビングは無垢フローリング」「キッチンはフロアタイル」「子供部屋はカーペット」というように、機能面も考慮しながら家族構成やライフスタイルに合う素材をチョイスしましょう。

例えば「無垢材」の場合は特に、木樹をどう選べば良いか迷いますよね。下記の記事では、広葉樹と針葉樹の違いや料金別におすすめの無垢材を比較しています。
ヨコヤム

Q. 費用はどのくらい必要ですか?

業者に依頼する場合、費用はどのくらい見ておけば良いのですか?

A. あくまで目安ですが8帖一部屋の場合の相場は5〜15万円です。

8帖の部屋の床を張り替える場合を例に、相場目安を見てみましょう。
ヨコヤム

フリーリング

  • 張り替えの場合は10〜20万円前後
  • 重ね貼りの場合は10万円前後

カーペット

  • 張り替えの場合は10〜15万円前後
  • 重ね貼りの場合は5〜10万円前後

クッションフロア

  • 張り替えの場合は5〜10万円前後
  • 重ね貼りの場合も5〜10万円前後

フロアタイル

  • 張り替えの場合は10〜15万円前後
  • 重ね貼りの場合は5〜10万円前後
ヨコヤム
上記の通り施工には、「張り替え」と「重ね貼り」の2種類があります。

「張り替え」は、既存の床を剥がす作業が必要となるため、そのぶん工期がかかり、廃棄費用も必要です。

「重ね貼り」は、高さが出てしまうため、段差による建具への影響や、生活面での不具合がないか事前にしっかり確認しておくことが大切です。

また、マンションの場合は管理規約によって施工方法に規制があることも珍しくなく、事前の届出が必要なケースも多いため、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

ヨコヤム
我が家は、ナラ(オーク)の無垢材へ張り替えています。施工の様子やマンションの規約については、下記の記事に詳細をまとめています。

Q. 施工期間はどのくらいですか?

業者へ依頼する場合、施工期間はどのくらいかかりますか?

複合フローリングは、パネル状の資材を張っていくのに対し、無垢フローリングは1枚1枚無垢木を貼るため、施工期間が異なります。

また、床を施工する際、入居前であれば問題ないですが、入居中の場合は家具の移動などが必要となるため、その分の作業日数も見ておきましょう。

  • 複合フローリングの場合:1~3日
  • 無垢フローリングの場合:2~4日

Q. 業者へ依頼するときの注意点は何ですか?

業者に依頼する際のコツはありますか?

A. どこにお願いするか迷う場合は下記を参考に2〜3社から見積を取りましょう。

リノベーション業者は多いため、どこにお願いすれば良いのか迷う方は多いです。

床だけでなく間取りの変更や設備の入れ替えも同時に行う場合は「リノベーションの専門会社」がおすすめ。

あるいは、過去に一度でもリフォームやリノベーションを依頼した会社があれば、同じ会社が良いかもしれません。

また、素材にこだわりたい方は「床専門の会社」に見積を依頼するのも一つの手です。

【DIY編】床のリノベーションによくある質問

Q. 賃貸でも床をリノベーションできますか?

A. 賃貸は基本的に「張り替え」はできません。

ですが、最近では初心者でも簡単に張り替えられるキットなどが販売されているため、それを使うことで重ね貼りすることは可能です。

Q. 初心者でもトライできる商品を教えてほしい

A. 接着剤不要で誰でも気軽に張れるアイテムを3つご紹介します。

1. 貼ってはがせるフロアタイル

\ 楽天で見る /

接着剤が要らず、置くだけでのOKのフロアタイルなら、誰でも簡単に重ね貼りできます。

カッターでカットできるため、特殊な道具も必要ありません。また、この商品は「貼ってはがせる」ため繰り返し何度も使用可能です。

2. はめ込み式フロアタイル

\ 楽天で見る /

この商品は、パネル同士をはめ込みながら施工するタイプ。リアルな木目やエンボス加工が特徴的です。

傷に強いため店舗でもOK。水に強いため、濡れても一拭きで綺麗になります。

3. タイルカーペット

\ 楽天で見る /

タイルカーペットは防音性が高いため、小さなお子さんがいるご家庭や、足音が気になるお宅におすすめです。

カラーが豊富で汚れがつきにくく、部分洗いも可能な点が、この商品の特長。ペットにも対応しています。

床のリノベーションまとめ

部屋の印象を左右する床材は、肌に直接触れるものでもあるため、見た目だけでなく居心地の良さにも直結します。

そのため、床の張り替えを考える際は、ぜひ家全体にも目を向けてみてください。

床は大きな面積を占めるぶん、内装やインテリアにも関係します。

部分的に施工するよりも家全体を改修するほうが、手間やコストを省けるケースもあるため、これを機に一度「まるごとリノベーション」を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

ヨコヤム
リノベーションは情報収集が鍵!床の張り替えも含め、おすすめの施工会社と無料で資料請求できる会社を下記の記事にまとめています。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。リノベに関するお悩み相談やインテリアのアドバイザーをしながら、執筆や監修などライターとしても活動中。某フィットネスメディアの編集長でもあります。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.