【オホーツクとっかりセンター】可愛さにキュン!日本最北のゴマちゃんランド

投稿日:

ヨコヤム
オホーツクの大自然を舞台に日本で唯一、あざらしだけを飼育しているオホーツクとっかりセンターをご存知でしょうか。場所は北海道・紋別市。札幌から車で約4〜5時間(300km)のところにあります。今回は、大人も子供も癒されること間違いなしの「ゴマちゃんランド」についてご紹介します。

日本最北端のゴマちゃんランド「オホーツクとっかりセンター」

とっかりセンターの場所

オホーツクとっかりセンターは日本最北のあざらし保護施設。病気や怪我で弱ったあざらしを保護→自然に返すという活動をしています。

入場料はたったの200円

オホーツクとっかりセンターのアザラシ

あくまで保護施設のため、一般的な水族館や動物園のようなエンタメ性には期待できませんが、あざらしだけを飼育するのは日本でココだけ!

あざらしとの距離が近く、餌やりを間近に見られるのは貴重な体験です。
それでいて入場料(餌代などの協力費)は、たったの200円(小中高生は100円・幼児無料)という低価格。

オホーツクとっかりセンターで保護されているアザラシ

あざらしの体にタッチできたり、一緒に写真を撮ることもできます(撮ればよかった……!後悔)

可愛いアザラシ

ゴマちゃんランドの南側にあるアザラシ・シーパラダイス

とっかりセンター

出典:オホーツク・ガリンコタワー

ゴマちゃんランドの南側・約100メートルのところに「アザラシ・シーパラダイス」もあります。こちらは2015年9月にオープンした施設。

入場料は大人500円・小中高生300円・幼児無料。
シーパラダイスではあざらしへの餌やり体験が可能なので(ゴマちゃんランドは不可)、ご希望の方は餌の時間(1回目/12:00 2回目/14:00 3回目/15:30)に合わせて入場するのが良さそうです。

アザラシ・シーパラダイス

出典:オホーツク・ガリンコタワー

オホーツクとっかりセンターのTwitterが大人気

札幌のローカル番組にも取り上げられていましたが、とっかりセンターのTwitterが今、大人気!投稿を見ているだけでも癒されるので、是非フォローしてみてください。

夏は釣り。冬は流氷「ガリンコ号Ⅱ」

紋別名物・カニ爪

出典:北海道ファンマガジン

ゴマちゃんランドへ行かれた際は、是非「ガリンコ号」にもご注目ください。ガリンコ号は日本で唯一の流氷砕氷船。

あざらし優先で未だ未体験のガリンコ号ですが、いつか必ず乗りたいと思っています。紋別名物のカニ爪も見てくださいね!

オホーツクとっかりセンターまとめ

あざらしだけをひたすら見られるなんて、あざらし好きにはたまらないスポット。特に好きではなくても、あざらしの生態を知るにはここが一番勉強になると思います。

野生に帰るまでの間に……愛くるしいゴマちゃんたちに是非会いに行っていただきたいです。

オホーツクとっかりセンター
https://mombetsu.jp/sisetu/other/goma/

ゴマちゃん番外編

「好きな動物は?」と聞かれたら、迷わず「あざらし」と答えるわたし。これまでに見てきたゴマちゃんを写真でご紹介します。

1. サンシャイン水族館

サンシャイン水族館のあざらし

2. 旭山動物園

  • 旭山動物園のあざらし
  • 旭山動物園のあざらし
  • 愛くるしい旭山動物園のあざらし

人気の旭山動物園。シロクマも可愛いですが、あざらしはもっと可愛いですよ!

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-ライフスタイル

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.